ここから本文です

エル・ドラド (1966)

EL DORADO

監督
ハワード・ホークス
  • みたいムービー 12
  • みたログ 207

3.92 / 評価:82件

間違いなくホークス映画の楽しさがある

  • kenken さん
  • 2014年5月10日 15時34分
  • 閲覧数 830
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

リオ・ブラボー、リオ・ロボとの巨匠ハワード・ホークスの所謂”リオ・ブラボー三部作”の第二作目だ。
飲んだくれの保安官にロバート・ミッチャム、若造のジェームス・カーンと年寄りのアーサー・ハニカット、そしてジョン・ウェインと基本的な人物配置とプロットは同じものだ。

それでもここには間違いなくホークス映画の楽しさがある。
怪我を負ったウェインとミッチャムをカーンとハニカットが助け、それぞれの役割を担う。
そして、最後のウェインとミッチャムがお互いに松葉杖を突きながら歩いてゆく場面の楽しさは、そう、ホークスの映画は常に幸せに終わるのだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ