エレクトリック・ドリーム
3.9

/ 46

37%
35%
15%
11%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • nak********

    4.0

    昔、感動した記憶がある、もう一度、観たい

    コンピュータが恋をする・・        嫉妬する・・ 女優さんが、好感がもてるタイプで、自分も好きになったような記憶がある。 最後はどうなったか、覚えていない。 ただ、感動したという記憶だけ・・ コンピュータの設計を仕事にしている自分としては 複雑な想いで、観ていたような気がする。 恋をするコンピュータって作れるのか? ただ、人を選ぶコンピュータが存在することは事実だが・・・ (人によって静電気のたまり方が異なり、 静電気の溜まりやすい人は、バチッ!の放電で誤作動させる人がいる)

  • yah********

    5.0

    ネタバレヒロイン可愛い。音楽が素晴らしい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 一人旅

    4.0

    恋するPC♡

    TSUTAYA発掘良品よりレンタル。 スティーヴ・バロン監督作。 ある日突然感情を持ったパソコンが人間の女性に恋するさまを描いたファンタジックラブコメディ。 『コーンヘッズ』(1993)のスティーヴ・バロンの監督デビュー作で、モテない青年マイルズとアパートの上階に住む美女マデリーンの恋の行方を、マイルズがシャンパンをぶっかけたことにより突如感情を持ち、あろうことかマイルズ同様マデリーンに恋心を抱くようになったパソコンの暴走をエッセンスに描く。故障しそうになったパソコンに焦ってシャンパンをぶっかけてしまうあたり、いかにもパソコン黎明期でPCに関する基本的常識が浸透していない感じ。精密な電子機器に液体をドバドバかけるなんて、今の常識では絶対にやってはいけない対処法No.1。 映画的面白味に満ちた作風で、マデリーンが弾くチェロの音色とパソコンの電子音がシンクロしていくさまが鮮やかで、楽しい! マデリーンに恋するパソコン君はマイルズとマデリーンの恋人同士の関係に嫉妬心剥き出し。家中の家電製品を遠隔操作してマイルズの日常生活を滅茶苦茶にしてみせたり、「これからマデリーンとデートなのか?」「マデリーンに会わせろ!」と命令口調で持ち主のマイルズを責め立てる。そんな偉そうなパソコン君にお困りのマイルズはバレないように足音を消してマデリーンに会いに行く始末。イライラが頂点に達したマイルズはついにパソコンを破壊しようと決意するが…。 “コンピュータの暴走”は今現在では使い古されたテーマだが、本作が製作された1984年の時点では比較的新しいんじゃないかな?一口に暴走と言っても『ターミネーター』や『マトリックス』のように人類存亡の危機が訪れるわけでもなく、美人に恋する&恋敵の青年にライバル心を燃やす程度の平和で可愛いもの。声はちょっと不気味ですが…。 主演のレニー・フォン・ドーレンの垢抜けない演技が好印象。ヒロイン、ヴァージニア・マドセンのキュート過ぎるルックス&仕草も魅力的。元々ミュージックビデオの監督さんだけあって音楽もいい。

  • a_f********

    4.0

    ネタバレあの頃の映画はよかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Ultra Seven

    5.0

    高画質でもう一度、いや劇場でぜひ見たい

    この映画青春時代に見たのだが、とても印象に残っている。 設定、俳優、音楽、ストーリーどれをとっても素晴らしい。 設定は違うが、恋愛ものでいうと「マネキン」がある。 この作品も好きだが、本作品は感情表現が控え目なので、かえって感情をゆさぶられる感じがする。 スマホがある、LINEが使われる今の時代ではリバイバルは無理だだと思うが(苦笑)、ぜひリマスター版で上映してくれないか。他の人と同様、せめてDVD化できないだろうか・・。

  • wan********

    5.0

    個人的には、最高ランクのラブコメ!

    先の評価では日本未公開となっておりますが、確か2週間ほど公開されていたと思います(つまり客が入らず打ち切り…)。しかし、そんな空振りとは裏腹に、内容は本当に愛すべきラブコメ・ファンタジーに仕上がっています。 音楽もGOOD。(当時の流行にならい)全編、80'sポップがふんだんに盛り込まれています。当時の音楽映画の帝王ジョルジオ・モロダーをはじめELOのジェフ・リン、カルチャークラブ、ヒューマンリーグのフィリップ・オーキーなど結構豪華な顔ぶれ。しかもどれも良い曲ばかり。特にお気に入りは「The Duel」(ジョルジオ・モロダー)。チェロとコンピュータ音とのアンサンブルは、今聴いても思わずニコニコしてしまいます。 さらに監督は、ビリー・ジーンやTake on Meのスティーブ・バロン。まさに、MTVで培った才能が遺憾なく発揮されています。 今から25年も前の映画ですが、感情を持ったマイコン(笑)がネットワークを使って(音響カプラ!!)情報収集するシチュエーションは、現在の方が理解されるかもしれません。(リメイクしても良いかも…。いや、あのアナログ感がいいかな?…) ビデオは持っているけど、DVDは出ていないのかな…。出ていないなら、是非出してほしい!(意外と映画や音楽好きの間では評価の高い映画のようです) 決して最高傑作といえる映画ではないけれど、時々不意に観たくなり、観ると素直に作品世界に入って楽しめる、人生の中の佳作といった感じ。ゆえに一過性の大作とは異なる、僕の中では最高ランクのラブコメです。

  • min********

    4.0

    ネタバレコンピュターのラブソング

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bakeneko

    5.0

    ネタバレテクノポップのメヌエット!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bar********

    3.0

    劇場未公開作品

    84年にビデオ化されており、字幕版をレンタルビデオで観た。 更に日本航空や全日空の機内上映用として日本語吹き替え版も製作されているが、DVD化していない。 その吹き替え版も航空会社に勤める知り合いからコピーしてもらって観た記憶がある。 登場するのは、当時最先端のディスクトップ・パソコンで、感情を持つたのはキーボードにワインを溢してショートしたのが原因という今では、思い浮かんでも採用しないであろうバカげた設定だった。 デヴューまもないヴァージニア・マドセン若さとジョルジォ・モロダーのプロデュースで、フィリップ・オークレー(ヒューマンリーグ)のテーマソング「Together in Electric Dreams」が印象的に残っている。

  • uko********

    5.0

    コンピューターの夢

    25年以上前の作品ですが、今見ても(DVD化されていないからビデオしかない)違和感が無い。 ウィンドウズでなくOS9とかCP/Mのようなコマンドプロンプト。 DOSからパソコンを触っている人には懐かしく、パソコンに対する夢を思い出すと思います。 音楽も最高で、映像の演出もすばらしいです。

  • z27********

    4.0

    いい映画

    早くDVD化してください

  • nao********

    4.0

    ラストの爽快感

    いやあ ストーリー的には特になんだけど。 なにせ 音楽がいいね 特にラストの あの爽快感は最高

  • ydr********

    4.0

    めちゃ懐かし映画

    Computerが感情をもって恋のサヤあてする可愛い映画。 MTV出身スティーヴ・バロン監督はあまり映画を撮らなかったな.. 未公開と書かれたレヴューがありましたが 劇場公開されてますよー、まだパンフ持ってますし(笑) サントラの方が話題になったし,, 未だDVD無いないです。 ビデオ貴重かも... ヒロイン役のヴァージニアマドセンは 「レザボア・ドッグス」のマイケルマドセンの妹でもある。

1 ページ/1 ページ中