ここから本文です

上映中

エレファント・マン (1980)

THE ELEPHANT MAN

監督
デヴィッド・リンチ
  • みたいムービー 418
  • みたログ 2,755

3.97 / 評価:689件

祈りのような映画

  • s_w_l_j さん
  • 2020年8月1日 16時52分
  • 閲覧数 535
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

デヴィッド・リンチの初期の作品を改めて見て、その後のテーマがすでに確立されていると感じた。人間のどうしようもない悪意や欲望に晒される、純粋な精神の儚さ美しさ、スピリチャルな世界観がここですでに明確になっている。ジョン・メリックの生きる姿は「ツイン・ピークス」のローラ・パーマーの悲劇にも繋がっているし、「ワイルド・アット・ハート」のセイラーとルーラの逃避行にも重なる。
人間の醜悪は見た目ではないと、世の中の悪意を批判するように若い時は感動したものだが、歳を重ねてから鑑賞すると興行師のバイツやトリーブス医師と自分が大差ないことに気付かされる。汚れた人間である自分を省みて「よく在りたい」と願い、祈るような気持ちにさせられた。そんなリンチ作品が好きである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ