ここから本文です

ペイチェック 消された記憶 (2003)

PAYCHECK

監督
ジョン・ウー
  • みたいムービー 96
  • みたログ 2,316

3.18 / 評価:587件

私は好み

  • yuw***** さん
  • 2019年7月4日 9時12分
  • 閲覧数 607
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

数年前テレビで見た。おもしろかった。
主人公の科学者が体を鍛えててアクションもバッチリ・・なのはちょっと違和感を感じたけど。
それ以外は興味深い。

「未来の自分から送られた19個のガラクタ」だっけ?
その一つ一つを辿っていく様に引き込まれた。なんていうか、「ここであの人がしゃがんで、この人がこうなることも見越してたのか!」みたいな快感。何度も繰り返して見て快感を味わった。

未来の主人公は何度もシミュレーションしたのだろう。敵に気づかれず自分に確実に届く方法を。それが「19個のガラクタ」。ガラクタの一つ一つが、とても重要で意味あるものになっていくのを見るのは、とても心地よかった。

未来の主人公は、とっっても頭がいい。それを最後の最後まで見せつけられた。
だけど本作を人に勧めるとなるとちょっと躊躇する。頭の中をこねくり回しただけのような話なので。
それで監督もアクションを入れたのだろうけど。

私はこういうの好き。誰かにしか伝わらない秘密の暗号みたいなもの。
本作では、主人公本人にも全然伝わってなくて、最初は私も主人公と一緒に「何?このガラクタ」とがっかりしたけど。
そのあたりの入りは絶妙だったと思う。ただのガラクタで主人公が危機を切り抜けていく。「がっかり」が「快感」に変わっていくとこは絶妙。

「未来を見通す」的なのも好き。
「メンインブラック3」のニット帽の人の予知のしゃべりもおもしろかった。ただ、黙って聞いてると混乱するぐらいの予知力で。

あ、本作はそこにも警鐘を鳴らしてるんだったかな、たしか。
やっぱり平凡なのがいいよね、って落ち着ける映画と思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ