ここから本文です

赤目四十八瀧心中未遂 (2003)

監督
荒戸源次郎
  • みたいムービー 60
  • みたログ 342

3.48 / 評価:77件

クセになる味わいがある

  • kok******** さん
  • 2016年4月3日 17時02分
  • 閲覧数 2386
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

主役の男役者の演技・セリフに癖があるので、最初は違和感があったが
見終わった後もしばらく心に引っかかり続ける。
時間をおいて見直すと、この作品のこの登場人物は
この役者のこの演技でなければいけないような気がしてくるから不思議だ。
俳優大西さんは只者じゃない…

路地裏的な世界が残る頃の尼崎が舞台で
登場する人々も小綺麗な世界の住人ではない。
主人公が臓物を下ごしらえしているシーン
刺青師の仕事現場のシーン
汚濁感のある音や匂いや生活感が逆に美しく感じた。。

二度三度と味わい続けることができる映画だと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ