2月7日公開

ラブ・アクチュアリー

LOVE ACTUALLY

PG121352月7日公開
ラブ・アクチュアリー
4.1

/ 2,695

43%
33%
17%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

弟に恋人を取られたミステリー作家ジェイミー(コリン・ファース)は南仏へ傷心旅行に。一方その頃、若くてハンサムな英国新首相デヴィッド(ヒュー・グラント)は秘書に一目惚れしてしまい、悶々と悩んでいた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(625件)

ロマンチック18.0%楽しい16.6%笑える12.0%泣ける10.4%かわいい9.3%

  • yet********

    5.0

    ネタバレ楽しめました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 落ち込んだ時は映画

    3.0

    それぞれのエピソードは楽しめるのだけれど

    この手の、ハートウォーミングなちょっと良い映画というのは、とても量産されている気がする。さらっとした手ごたえなので、観やすいし後味も良いのだけれど、さらっと忘れてしまう。 いくつもあったエピソードの中では、病気の弟が気になって電話に出てしまう女性の話が切なくて気に入っている。

  • maro

    1.0

    ネタバレつまらない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • db

    4.0

    疾風怒濤

    パッケージジャケットの通り、登場人物が多いので序盤から中盤まではそれぞれの背景を把握することが作業を強いられているようで、正直苦痛に感じてしまった面も。 しかしながらそれらを乗り越えた後にクライマックスで襲い掛かる、疾風怒濤のハッピーエンド郡はヤバイw ちなみに視聴中、マーク(アンドリュー・リンカーン)が誰かに似てるなあと思っていたら、ウォーキング・デッドの主人公リックじゃないか!w WD出演より7年前ともあって若すぎてすぐには気づけなかったよw また、「96時間」などのせいで復讐の鬼といったイメージが強いリーアム・ニーソンと義理ではあるが息子という相関からそっち方面にいくんじゃねえだろうな? といった無駄な心配をしてしまったのは私だけじゃないはず!? シンドラーの方でよかったよかったw

  • rrrr

    4.0

    相関図すごい

    こういう(1)悪人が出てこない、(2)イギリスの日常が描かれた、映画は好みですが、いやあ登場人物の多さに最初ついていけなかった。9つの別々のストーリーが切り替わりつつ進んでいくのですね。あまり細かい点は気にせず楽しめばよかったのですが、どうしても気になってWikipediaを確認しつつ視聴。ここに出ている相関図見るとすごい。クリスマスの後日談で別々に見せていた人間たちが繋がっていたりもして。今回は人間関係をきっちり理解することに気を取られたので、もう一度、二度と時々見返したい映画です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

LA批評家協会賞第29回

助演男優賞

基本情報


タイトル
ラブ・アクチュアリー

原題
LOVE ACTUALLY

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ

製作年度

公開日