ここから本文です

まほろまてぃっく 夏のTVスペシャル えっちなのはいけないと思います! (2003)

Mahoromatic Automatic Maiden - Summer Special

監督
佐伯昭志
  • みたいムービー 1
  • みたログ 1

3.00 / 評価:1件

作画・声は◎、ストーリーは△

アニメ版まほろまてぃっくは原作(マンガ版)よりも作画が良くなっています。この映画においても登場する女性キャラがかわいらしく、作画は素晴らしいです。
登場人物の扱いに関しては原作では危険な感じの式条先生がこの作品では比較的まともな人物として描かれています。(危険な考えを持っているところは原作と一致しますが…)他はあまり大きな変化はないです。強いて挙げるならまほろが少し原作よりも頑固になっているところでしょうか。
そして肝心のストーリーですがいまいちです。話の内容は優たち男性陣とまほろたち女性陣が成人向けの本をめぐって争奪戦(成人向けの本をもって逃げる男性陣を女性陣が捕まえようと追いかける。)をくり広げるような感じですが、ストーリーに深みがなさすぎで中途半端な感じがします。まほろから必死に逃げてたらいつの間にか知床半島まで来てました…って「こち亀」かい!と突っ込みたくなりましたw
加えてサブキャラの扱いもいま一つで、主要キャラ以外の扱いが軽すぎるのが残念です。
まほろまてぃっくにしては笑える演出が多かったのでそこは評価して総合は3点にしたいと思います。


※イメージワードの「絶望的」はストーリーのいまいちさに対して私が持った感想で、映画そのものに絶望的な結末はありません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ