天使の肌

PEAU D'ANGE/ONCE UPON AN ANGEL

85
天使の肌
3.3

/ 12

25%
25%
17%
17%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

切ない28.6%かわいい14.3%ロマンチック14.3%悲しい7.1%勇敢7.1%

  • e_s********

    4.0

    宗教映画なのかもしれない?

    この穢れなき、若い女性アルジェルは、『穢れなき、悪戯』の、マルセリーノ坊やと同じ意味合いだと理解するべきか? 頼る人もなく、一人で必死に生きているアルジェル… 無垢が故に、唯一、愛した人、グレゴワールの想いだけを胸に秘め、生きる… 自分を主張するわけでもなく… 周りの人々を、幸福にしていく… 心がボロボロに壊れてしまったグレゴワール… 周りから、たくさんの愛をもらって、立ち直る… ギョーム・ドパルデュー… お父さんは、あのジェラール・ドパルデューであるが、悲しいかな、彼はもう、この世にはいない… そして『ベルサイユの子』も、大好きな作品です。

  • kak********

    5.0

    天使を演じたのは新人女優モルガーヌ・モレ

    邦題の「天使の肌」から官能的なヨーロッパの映画を想像された方は ”ハズレ”である。全く正反対の”天使”の物語だからだ。 貧しい家庭に生まれた少女の遊び相手は鳥や虫達など自然界に住む 仲間。冒頭の幼少時代の一コマから”天使”は登場する。 主役の少女アンジェルを演じるのは、本作品で映画デビューの モルガーヌ・モレ。神様が存在するなら、この世に不幸な事がある筈が ないと信じて、ミサにはいかない。 相手役には、名優ジェラール・ドパルデューを父に持ち、「ポーラX」 でカトリーヌ・ドヌーヴと共演のギョーム・ドパルデュー。繊細で 傷つきやすい面と大胆で勇気ある面の両極端な性格を持ち、女性の心を 掴む青年を好演。 そして、監督は「花咲ける騎士道」でベネロペ・クルスと共演し、 本作品で監督デビューのヴァンサン・ペレーズ。 まるで、人間の姿をした本物の”天使”を探してきたようなモルガーヌ・ モレを発掘しただけでも快挙と言える。 こうした映画を観る事によって、自らの人生における”汚染度”が 自動的に計測できてしまう恐さがあるが、反面”俗世界”に塗れた 汚れた心を洗い流す要素も含まれていて、恐れず観て欲しい映画の 一つである。 何よりも驚かされるのは、過酷な人生を歩みながらも”恨み事” 一つも言わず、信じた道を歩む逞しさだ。運命全てを背負ってしまう 広い心と、身も心も捧げる純粋な愛の持ち主は”天使”そのもの。 新人監督と新人女優の作品とは思えない魅力満載な映画で、この作品 が世に生まれた事自体が”神の業”と言えるかもしれない。

  • xrm********

    5.0

    大切な映画

    私にとって大切な映画のひとつです。 何がいいのかはわかりません。 ただ見終わった瞬間わけも分からず涙が溢れてきて、 心が洗われたような気がしました。 誰かにオススメするとかじゃなく自分の中にそっとしまっておきたい、そんな作品。

  • fck********

    5.0

    生きた天使というのは存在するのか?

    生きた天使というのは存在するのか? 会ったことある? 20代くらいまでは遺伝で顔は作られるけど、 それから先は環境や心で顔は作られるってどこかできいた。 だから自分の顔に責任を持ちなさいと。 彼女、本当に天使みたいだったなぁ。 どこまでの透明で純粋。 彼女をとりまく風景も、若々しくて、生命に満ちている。 プロバンスの村の美しさに息をのむ。 そんな彼女はある偶然で一夜をともにしたある男性に心のすべてを捧げ、 彼はというと、あたたかい光に抱かれて、まるで母の腕の中のような安心さに慰みを見いだす。 あまりにも純粋なものを目の前にすると、 大人は子供のように泣き出してしまう。 フランス映画特有のひねくれさや難解さ(&エロスもね!)なんかが無いところがかえってよい。 登場人物全てが気持ちの良い人間という映画はあまりないしね。 必見です。

  • mor********

    3.0

    2度目の仏映画挑戦も惨敗。

    ルビー&カンタンに続いて2作目の仏映画鑑賞。 前回コメディ、今回恋愛物の鑑賞でしたが今回もダメでした。 共通して言えるのは、唐突の連続で腑に落ちない場面が多いこと。 急にスイッチの入った様に唐突な行動をする俳優さん。 演出が合わないのでしょう、全く感情移入できません。 女優さんの演技は良かっただけに、ちょっと残念です。 とりあえず今回もそこで終わりって感じの幕切れです。 ようは何が伝えたかったのかは結局分からずじまいです。 連敗の仏映画。 アクションかSF観てダメならもうダメですね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
天使の肌

原題
PEAU D'ANGE/ONCE UPON AN ANGEL

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-