レビュー一覧に戻る
花

106

mus********

4.0

ネタバレわけあり大人の二人旅

動脈瘤だと診断された野崎と、「妻の顔を覚えていない」鳥越。 野崎が鳥越を鹿児島まで運ぶアルバイトをすることにより出会う二人の、少し奇妙な長旅の映画です。 自分がこの二人の立場だったらどう行動するか? そんなことを考えながら見るのも楽しいかもしれません。 私が野崎の立場だったら、 確かに「大手術をして、それでも安全性が確保されない」ことに恐怖心を持つでしょうが、周囲の即決で自分の意思にかかわりなくすぐ手術を受けさせられるだろうな、と(笑)。私が周囲の立場だとしても、すぐにでも受けるように言うと思います。 だから、こんな風に「考える間」を与えられる主人公はまた違った意味で幸せなんじゃないかと私は思いました。 最初、暗い画面から始まるんですが、 物語が進むと同時に徐々に「光」があたり始めるのも、映像効果としてよく出来ているな~と感心しましたね。 野崎と鳥越の場面は比較的映像が暗いのですが(黒と白で映像が構成されているのではと思ったほど)、恵子と鳥越の場面が色鮮やかだったのも印象的でした。 勿忘草の花言葉に涙を流す鳥越と、 その後手術を受ける決意をする野崎の場面が一番印象深かったです。 淡々としていますが、その淡々とした中で何かを考えてしまう、そんな映画です。

閲覧数697