ここから本文です

CASSHERN (2004)

CASSHERN

監督
紀里谷和明
  • みたいムービー 91
  • みたログ 2,809

2.75 / 評価:993件

負けました。

  • nag***** さん
  • 2006年1月1日 19時39分
  • 閲覧数 2795
  • 役立ち度 59
    • 総合評価
    • ★★★★★

重い重いテーマ。

でも、引き込まれるこのビジュアル。
CGというよりアニメ的な幻想画状とキャストが一体となった映像が魅力で
よくある写実追求のハリウッドCGを見たときのように
「なんだ、最近CGでなんでもできるじゃん」と見る側を萎えさせるような食傷感が起きない。

徹底的に世界観の表現追求に徹していて好感が持てる。

映像を映像とだけみたら価値が分からない。
キャストの配置や表情まで各場面の意味づけが大変凝っていて、そこを見抜けないと面白みが半減する。

やや長い映画だが、前編に渡って美術作品を眺めるが如く気合を入れて見続けなければならないから
単なるアクション指向の人は見ないほうがいい。


愛の愚かさとはかなさ、そして美しさを訴えた芸術作品です。これは。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ