イン・アメリカ/三つの小さな願いごと
3.7

/ 155

25%
40%
25%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(53件)

切ない21.4%泣ける20.6%かわいい18.3%悲しい9.9%楽しい6.1%

  • きゃる

    4.0

    生きることが辛いと感じている皆さんへ

    この映画を見ることをお勧めします。 いかに不安でも、どんなに今が悲惨だと思っても それは現実を受け入れていないからであって 生きることの尊さを教えてもらいました。 クリスティーの3つめの願いを聞いて…

  • wan********

    4.0

    これは、、ダメだぁぁぁぁ

    涙腺ユルユルなおっさんには初っ端から、、、、もうダメだぁっ。 なんかいろいろ文句言ってる方いますけど、例えばハロウィンのところとか、あんだけ子供がダダこねたら、もうええわ、って思いますわ。 親が馬鹿だとか、、、バカじゃなければアイルランドで成功してますわ、アメリカくんだりまで行きませんわ。バカだからET人形に何百ドルも出すんですわ。 でもその夢見るバカがちょっとづつ現実を受けれて行くんですわ。 そういうこととかなんとかを感じることなく星1とか2とか・・・・そんな人って、本当、幸せな人々ですわ。うらやましいですわ。 苦渋なめなめなで歳だけとった孤独なおっさんおばはん達は、きっとマテオのような最後を望んでますわ。

  • エル・オレンス

    3.0

    丸刈りのサマンサ・モートン。

    丸刈りしたサマンサ・モートンが実に愛らしいです。夫共々危なっかしい面が多々あるけれど、娘2人に対して、母親ならではのたくましさも備えていて魅力的です。『ギター弾きの恋』(1999)とは全く異なる役柄も印象的。 子役2人の演技も胸を打たれます。 惜しかったのは、「3つの願いごと」というテーマが、本編にそこまで絡んでいないというか、重要性が感じられなかったことですね。 あと、ジム・シェリダン監督作なら、ヴェネツィア金獅子賞を獲った『父の祈りを』(1991)を断然お勧めします。ドラマ展開、役者、演出、カメラワーク全てが素晴らしい傑作です。

  • aki********

    5.0

    ○3回目の鑑賞。長女のクリスティがいい。

    いいですね、この姉妹。そして、両親。 加えて、神さまの「マテオ」 ハートウォーミングな物語展開に素直に引きこまれました。 爽やかな涙とともに。 特にクリスティの歌う「デスペラート」は最高でした。 キュートな姉妹の魅力で☆5つです。

  • 1.0

    ネタバレ共感できず

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
イン・アメリカ/三つの小さな願いごと

原題
IN AMERICA

上映時間

製作国
アイルランド/イギリス

製作年度

公開日
-