2004年4月10日公開

ドラムライン

DRUMLINE

1192004年4月10日公開
ドラムライン
3.9

/ 265

31%
37%
26%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

天才的マーチング・ドラマーのデヴォン(ニック・キャノン)は、音楽特待生としてAT&T大学のマーチング・バンドを率いるリー監督(オーランド・ジョーンズ)にスカウトされる。が、体育会的ノリについていけず……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(100件)

かっこいい35.1%楽しい26.6%ゴージャス7.7%勇敢6.3%セクシー4.1%

  • 一人旅

    5.0

    マーチングバンドはチームスポーツだ

    チャールズ・ストーン三世監督作。 アメリカの音楽プロデューサー:ダラス・オースティンの実体験に着想を得て制作された青春ドラマで、マーチングバンドに情熱を注ぐ黒人青年の奮闘を描きます。 アメリカ南部ジョージア州アトランタを舞台に、才能を買われてA&T大学の強豪マーチングバンドに入団した黒人青年の葛藤と成長を描いた“音楽+青春ドラマ”で、バンドの体育会的ノリ&上下関係や、個人技ではなくチームとしての一体感を大切にする監督の指導方針に馴染めず挫折を味わった主人公が晴れの舞台で再起を果たしていくまでの過程を、チームメイトとの切磋琢磨&友情やチアリーダーのヒロインとのロマンスを絡め描いていきます。 天才ゆえに驕りのあった主人公が、周囲の人々との関わりの中で初めて挫折を経験し、やがて心を入れ替えバンドの花形スネアドラムプレイヤーとして逞しく成長していく様子に見入る青春ドラマで、音楽…というより“スポーツ”の感覚に近いマーチングバンドの一糸乱れぬ集団パフォーマンスが圧巻の迫力を実現していますし、ラッパーとしても活動している主演のニック・キャノン(マライア・キャリーの元夫)も全編にわたって流石のリズム感を披露しています。

  • JUNJUN

    4.0

    感想

    よくある青春物なんですが、とっても良かった。 バンドの迫力が素晴らしい。

  • tak********

    3.0

    初見でしたが…

    当時観るともっと違う感情があったのかもしれないが、映像がショボく見えてしまい…終始盛り上がらず… ストーリーも今の時代から考えると…ありきたり。

  • lol********

    3.0

    ストーリーがしょぼい

    ストーリーがあまりに単調でつまらん。 バンド好きな人にはいいんじゃない?

  • 餡子

    5.0

    かっこいい

    これまでマーチングバンドのドラムに注目することはなかったが とにかくドラムがかっこいい

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドラムライン

原題
DRUMLINE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル