ここから本文です

レコニング・デイ (2002)

RECKONING DAY

監督
ジュリアン・ギルビー
  • みたいムービー 1
  • みたログ 5

3.75 / 評価:4件

あの「妻」はちょっとどうか

  • たこのまくら さん
  • 2012年6月2日 23時55分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

超低予算でこれだけのバイオレンスアクション映画が、というのが映画のウリであろうか。だが、この映画でいいのは出演者である。
最初のほうのダークなトーンはちょっと眼を瞠らせるもがあったが、見せ場であるはずのパーティ会場における銃撃戦を迎えると、細かいカットでつなぐアクションシーンは目まぐるしい割にグダグダで、早いところカタつけろや、てな気分になってしまいちょっとツラかったw チェーンソーの場面も邪魔で、どちらかというと炎上シーンをちゃんと撮ったほうがよかった気がするw
むしろ、例えば、縛り付けられている主人公の前に入れ替わり現われていたぶる場面とか、終盤のカフェで血まみれの主人公が姿を現わす場面とかいった、少人数で緊張とユーモアを醸しだす場面に演出の冴えを感じる。それは、主要登場人物を演じる俳優(素人?)たちが役を生き生きと演じているからであろう。
ところで、主人公の妻を想う気持ち、みたいなことになるとてんで描けていないのには笑った。

この映画が歴史に残るかといえば、残らないであろうw だが、最後の落下シーンは文句なくすごい。

※特典の短編は超駄作

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ