バレット モンク

BULLETPROOF MONK

103
バレット モンク
2.4

/ 47

2%
6%
30%
49%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

60年前チベットで秘伝の巻物の守護者となった僧侶(チョウ・ユンファ)が、後継者探しのためN.Y.に現れる。彼は候補者として心優しいスリの青年、カー(ショーン・ウィリアム・スコット)に目をつける。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(20件)

かっこいい20.7%勇敢20.7%不思議10.3%笑える10.3%絶望的6.9%

  • kus********

    4.0

    入り込めて楽しめたよ

    チベットの僧侶(チョウユンファ)がカンフーをやってて世界を変える巻物を守る、というなんともなおとぎ話的な映画だけど意外に入り込んで最後まで楽しめたよ!(笑) ユンファを援けるアメリカ人の若者は映画を見てカンフーを覚えた、ってのがいいね!(笑)あのようなシーンはけっこう気持ちが盛り上がるものだ!(笑) 主人公のユンファの僧侶、めっちゃ強いのかとはじめは思わせるのだがだんだんそれほどでもないのか?みたいなビミョーな感じが面白い?!(笑) ユンファが主人公だから本格カンフーを期待するのではなくて冒険的なものを楽しむのがよいかと!

  • JUNJUN

    1.0

    感想

    いやー、つまらない。アクションもスムーズじゃないし、ちっとも良くない。

  • kir********

    5.0

    面白い

    かっこいいアクションだらけでスカッとします。 話も面白くて大好きです。

  • lov********

    2.0

    ユンファの黄昏れ

    バレットモンク!テレ東の木曜洋画のCMでは景気よく「弾丸ボーズ!」などと連呼していたので、ガンカタ系アクションなのかと思ったら、なんだか普通のカンフーファイトで拍子抜け。悪の組織も21世紀の映画とは思えないほどの陳腐さで、その彼らが使う異様に大掛かりな記憶吸い取りマキーナも、むしろ新鮮に感じてしまうくらいクラシックな造形なのでした。 主演で本作唯一のウリであるチョウ・ユンファ氏も、何だか変に気が抜けてしまったような演技で、哀愁と共にヤッツケ仕事っぷりが滲み出ています。残念ながら制作の意図がまったく見えない凡作ですね…。

  • さんきゆ

    3.0

    巻物の正体が?

    巻物の秘密は何かとずっと期待していましたのでちょっと、最後それはないだろ、と言う思いがありました。 巻物を守る者を60年ごとに選ぶ。 その巻物を守るものは60年、年を取ることがない。 それも十分巻物以上に凄いな、と思いつつ、 クライマックスで巻物の秘密が明かされ、そんな、という感じで終わりました。 あんなに秘密を引っ張っていたのに、そうなんだ、と言う期待外れは否めません。 しかしながら、主人公の相手役の女優ジェイミー・キングが魅力的な人で楽しめました。 セクシーなお色気も楽しめましたし、それだけでないアクションも楽しめました。 ジェイミー・キングで持ったかな、と言う気もしないくらいいい演技してました。 その他のカンフーシーンはワイヤーを使った特撮は、何処ぞで見た映画かな、と言う気もしましたし、拳銃の弾をよけるのも、何処ぞで見たかな、という感じで見てしまいました。 でも、僕的にはセクシーなジェイミー・キングの魅力を堪能できて、良かったかな、と言う感想です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
バレット モンク

原題
BULLETPROOF MONK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-