ここから本文です

10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス (2002)

TEN MINUTES OLDER: THE TRUMPET

監督
アキ・カウリスマキ
ヴィクトル・エリセ
ヴェルナー・ヘルツォーク
ジム・ジャームッシュ
ヴィム・ヴェンダース
スパイク・リー
チェン・カイコー
  • みたいムービー 123
  • みたログ 345

4.08 / 評価:48件

映画ファン狂喜の巨匠達の10分間7本勝負!

  • ポルティ さん
  • 2018年9月26日 23時21分
  • 閲覧数 126
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

すべての映画ファンが絶対スルー出来ない巨匠たちの画期的共演。集まった監督たちの顔ぶれを見ただけでも、これはもはや映画史の「事件」といえるかもしれない。企画モノにありがちな玉石混合の「寄せ集め感」がなく、巨匠たちが互いに意識しあって真剣勝負した中身のある作品集となっているように思う。
いずれ劣らぬビッグネームたちの中でも、やっぱり中心はビクトル・エリセだろう。その存在感、話題性は別格。わずか10分間の中にひとつひとつのカットを丁寧に綴り、映像ですべてを語るという監督の世界観を見事に描き切っていて、その演出手腕にはただ感心するばかり。エリセの参加でこの企画は成功したも同然となった。
ただ、個人的なベストはエリセでなく、ラストのチェン・カイコー。本作の中ではおそらく最も完成度が高いと思う。観念的なものではなく、10分間でちゃんとした起承転結のある「短編映画」になっている構成が良いし、激変する中国にあって失われていくものへのノスタルジーを感じさせるファンタジックなストーリーも素晴らしい。
今にして思えば、よくぞこんな企画が成立出来たものだと思う。とにかくこれは映画界からファンへの最高のプレゼントであり、この贅沢なコラボレーションを素直に楽しむべきだろう。

余談
もう一本の「イデアの森」の方は監督の顔ぶれもマニアックな傾向にあり、各作品もイマイチなのでレビューは割愛・・・こちらの個人的なベストはマイケル・ラドフォード監督の「星に魅せられて」かな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ