嗤う伊右衛門
3.2

/ 100

12%
33%
30%
16%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

悪い病を患って片側の顔が崩れてしまった民谷家の一人娘・岩(小雪)と夫婦になった伊右衛門(唐沢寿明)。最初はしっくりしなかった2人だったが、次第に打ち解け、深く愛し合うようになる。ところが、顔が崩れる前に執拗に岩を求めていた筆頭与力・伊藤喜兵衛(椎名桔平)が、2人の仲を引き裂こうと画策する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(33件)

切ない20.7%悲しい17.4%ロマンチック10.9%不気味8.7%泣ける8.7%

  • jun********

    5.0

    ネタバレ最大の賛辞を!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • f_m********

    4.0

    京極夏彦版 四谷怪談

    基本小説を読まない私ですが、京極夏彦さんの小説はたまに読みます。 が、これは読んでいないので、逆に映像で見てもいいかと思い見ました。 原作を知らない事もありますが、京極夏彦さんの時代劇はどちらかと いうと、描写が残酷だったりするので、もしかしたら、これでも抑えて いるのかもしれない。と推察。 生まれてこの方、笑ったことの無い伊右衛門。父親の切腹の介錯をした トラウマから、世捨て人の様に暮らしていました。 何やら訳ありの3人組と顔見知り。その一人の僧侶より婿入りの話を 持ちかけられ受入れる。 病で顔の半分に疱瘡の醜き後が残った岩とぶつかり合うも、互いを 受入れたと思った頃、評判の良くない上司の伊藤より、信じられない 話を聞かされ…2人の運命は初めから狂う様に出来ていたのか、 それとも、こうなる事が2人にとっては幸せだったのか… と、皆さんの知っている四谷怪談とは別物ですが、中々面白かった。 2003年という事もあり、唐沢寿明も小雪も良い感じの年齢で。 実は私は小雪があるドラマで初めて女優をした時、あまりにもあまりにも だったので(ごめん。笑)、それ以来、薄眼でいたのですが、この作品の 小雪は良かった。 そして、私、トレンディドラマというものをほとんど見ていなかったので 唐沢寿明を見るの最近の再放送(白い巨塔とか)。こんな、ちゃんとした 俳優じゃないかとか、失礼な事を思っています。(ファンの人すみません)

  • アサシン

    1.0

    何がしたいの、怪談では無い

    四谷怪談とは内容が違います。お岩さんの顔は同じですが。 怖くも有りません。 グロいシーンは満載ですが。 くだくだの展開です。 演劇みたいな感じです。 怖くない怪談で、気持ちが悪い、ただエグいだけ、残念。

  • gnp********

    2.0

    蜷川演出に期待しましたが…

    上手くて個性的な役者揃いなのに、何だか不自然な演技に違和感を覚えました。 舞台で観たら違うのかもしれませんが…

  • ang********

    2.0

    ネタバレ私には合わない映画でした

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


唐沢寿明民谷伊右衛門(岩の夫)
小雪民谷岩(伊右衛門の妻)
香川照之又市(御行乞食)
池内博之直助(伊右衛門の隣人)
椎名桔平伊藤喜兵衛(筆頭与力)

基本情報


タイトル
嗤う伊右衛門

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-