ここから本文です

キル・ビル Vol.2 (2004)

KILL BILL: VOL. 2

監督
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 99
  • みたログ 3,915

3.37 / 評価:664件

タランティーノ監督の最高傑作Vol.2

  • skynet movie さん
  • 2010年12月7日 22時00分
  • 閲覧数 358
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、このユーザーレビューの件数ですが、Vol.1は200件超えなのに対して
Vol.2は100件にも達してないです…。半分以下!(ガーン)

ムムム…

こりゃ、Vol.1で力尽きた方々が多かったのかなぁなんて思ってしまいます。
確かにVol.1は、かなり話題になったし番宣もバンバン(笑)やってたから
観た人も多かったってのはあるとは思うけど。


Vol.1が完全にツボにハマッた自分にとっては、何が何でも観るべき作品。
当時、仕事が激務を極めていた中でも、最後の最後の上映で何とか鑑賞した
記憶が今でも忘れられないです(あんときゃホント辛かったデス)


そんな状況で観たVol.2。
Vol.1同様、本当良かった!!

Vol.1のレビューにも書いたけど、小さい事は気にしない!考えてたらこの
映画は観られないから(苦笑)
※Vol.1のレビューを読んでからこのレビューを読んでいただけると、
自分としてはありがたいですし、少しは内容が分かり易くなります。



このVol.2は、トゥーパインズ教会での出来事(回想シーン)から始まり、
何故ブライド(主人公)が復讐するのかがここではっきりわかる。
裏の仕事から足を洗い、貧しくとも幸せな結婚生活を送ろうとしていた
矢先に、昔の仲間からそんな事は許さんぞと皆殺しのプレゼント。

奇跡的に生きていたブライドが、復讐を決意するのも頷ける。


Chapter7は、ビルの弟バドとの戦い。
戦いと言っても、ブライドが呆気無くやられて生き埋めにされちゃいます。
その生き埋め状態での回想シーンが、次のChapter8。

ここはVol.2のハイライトと言ってもいい、パイ・メイとの修行の章。
この映画の登場人物はみんな凄く濃いけど、パイ・メイはかなり濃い!(笑)
髭を“フサッ”っとやる仕草は決まりのポーズだし(笑)
ジャンプした時の効果音とかも合ってて笑えます♪(音の選定が上手い!)
赤バックで影が映える映し方が印象的!

ここでの修行が生かされ、生き埋め状態から見事生還!!
そして、バドへの復讐へ。


Chapter9は、バドとエル・ドライバーの仲間割れが発生。

バドがエルの汚い手でやられ、そこへブライド登場。ブライドとエルの戦闘
開始!ここの戦いも、Chapter1に負けない激戦を展開!
その戦闘の最中、エルの右目は修行中にパイ・メイに取られた事や、エルが
パイ・メイを毒殺した事等が明らかに!(パイ・メイ毒殺かよっ!/泣)

それを知ったブライドが、激闘の末エルの左目をもぎ取り勝負あった!
エルの死は確認出来ないけど、これで復讐終了。
残すはビル1人。


最終章は、ビルとの決闘。

ビルを探し当てたブライドが見たものは、死んだと思っていた自分の子供。
嬉しさを爆発させるブライドだが、復讐は終わっていない。

ビルには、パイ・メイから伝授された究極奥義『五点掌爆心拳』で止めを
さした。そしてブライドはわが子と2人で新たな人生を…

ってな感じで、このタランティーノ監督の闇鍋的な映画は幕を下ろします。


Vol.1、Vol.2と、急遽2部構成になったこの「キル・ビル」。
設定や世界観、登場人物や音楽にまで偏りがあり、タランティーノ監督の趣味
大爆発な映画ですが、是非とも両方観ていただきたい傑作映画です!!



【補足】
何はともあれ、『五点掌爆心拳』を伝授して欲しい!(笑)
くらった相手は、5歩歩いた後に絶命するという奥義。
「お前はもう死んでいる」状態ですわ(笑)

好き嫌いはあると思いますが、食わず嫌いな方々にも是非1度は観て
いただきたい作品です♪
(観て「やっぱりな」って思ってしまったら申し訳無いですけど…)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ