ここから本文です

キル・ビル Vol.2 (2004)

KILL BILL: VOL. 2

監督
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 99
  • みたログ 3,915

3.37 / 評価:665件

テンポが悪い、アクション少ない、長すぎる

  • ジャンゴ さん
  • 2011年1月2日 17時45分
  • 閲覧数 340
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

前篇と比べると、アクションが少なすぎて、余分なシーンが多すぎて、長すぎる復讐劇となっている。
見せ場はマイケル・マドセンがユマ・サーマンを塩弾で撃つシーン、地下に埋められたユマ・サーマンが地上に這い上がるシーン、ユマ・サーマン対ダリル・ハンナの格闘、ユマ・サーマン対ビルの格闘。
これだけなのに、無理に長く136分にした感があり、テンポ良く90分ぐらいにまとめた方が良かろう。正直、テンポが悪い、アクション少ない、長すぎる。お気に入りから削除だ!
たた音楽をエンニオ・モリコーネのマカロニウエスタンテーマ曲をふんだんに使い、全編が”荒野をさすらう女復讐鬼”のムードにしているのが良い。マカロニファンの僕には嬉しいことだ。特にマイケル・マドセンがユマ・サーマンを塩弾で撃つシーンに流れる「荒野の用心棒」のテーマは残酷ムードをかもし出している。また、ビルが倒れるシーンに流れる「さすらいのガンマン」は、ビルの死を格好良く美化していた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ