ここから本文です

デビルマン (2004)

DEVILMAN

監督
那須博之
  • みたいムービー 33
  • みたログ 859

1.42 / 評価:627件

後世に語り継がれる不朽の名作

  • ali***** さん
  • 2019年8月5日 23時06分
  • 閲覧数 1585
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

『この世で最も恐ろしい存在は、デーモンではなく人間だ』

今や使い古され、もはや定番となっているこのテーマ。

今作は、このありふれたテーマに真っ向から挑んだ珠玉の名作である。


開始早々その恐ろしさを目の当たりにした私は、激しく動揺しながらも一瞬たりとも見逃すまいと画面に食らいついた。

見事な大根役者。
突然現れる天使。
妙にセクシーな冨永愛。
マイカー通学。
外国人キャスター。
急に惨殺される家族。


およそ1時間40分ほどの作品において、数えきれないほど不可解な現象を目の当たりにしてきたわけだが、私には、その全てが、『人間という存在の恐ろしさ』を表現しているように思えてならなかった。

ともすればこの作品は、演出、構成、カメラワーク、脚本の不出来さなどから、作品そのものを通じて『人間の恐ろしさ』を表現しているのでは?とも思ってしまうほどであった。

多くの実力ある俳優たちを起用しても、このような恐ろしい作品を作ることが出来る。
そのことを見事に証明した今作は、余すところなく『人間という存在の恐ろしさ』を表現していると感じる。

そんな今作は、まさに星1を与えるに相応しい作品だろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ