ここから本文です

スパイダーマン2 (2004)

SPIDER-MAN 2

監督
サム・ライミ
  • みたいムービー 143
  • みたログ 8,504

3.80 / 評価:1473件

正体さらしたりと第二作も面白い

  • izq***** さん
  • 2020年7月5日 15時16分
  • 閲覧数 534
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

第二作。前半はピーターが葛藤してスパイダーマンやめたりしてつまらなかったが、伯母の言葉から一念発起してからは、独特のスパイダーマンアクションに加え、本作で正体を結構さらして、親友ハリーやMJにも正体が知られるところが話しとして凄く面白い。正体知ったときの相手の反応とかは面白いね。第一作では敵以外にはバレなかったから。

敵はまた科学者(ドック・オク)で自前の開発品でパワーアップした人間。いい人だったが、変なタコ足を身につけて制御チップが壊れて、機械に精神を乗っ取られて悪事を働くことに。
ピーターはスパイダーマンにやる気を無くし、その能力も消え失せてしまうが、周りで事件があると何もできない自分にもやもや葛藤する日々。
ドック・オクは、ハリーと太陽をつくる機械の材料との交換条件でスパイダーマンを捕まえるため、ピーターを襲いMJを拉致。ピーターのスパイダーマンの能力が戻り、スパイダーマンとドック・オクの戦いが始まる。特にスパイダーマンがブレーキを破壊された電車を停めるシーンは壮絶。助けられた乗客たちに姿をさらしてしまうが、乗客達の温かい対応に胸が熱くなる。しかし、体力を使い果たしたスパイダーマンは捕まり、ハリーのもとに引き渡される。
ハリーはスパイダーマンの正体がピーターと知り動揺。ピーターはドック・オクの太陽作りを停めるため再び戦いに。最後は正気に目覚めたドック・オクが自らの命と引き換えに装置を停める。ピーターは姿をさらしたままMJを救出。ピーターが、MJに自分の気持ちをようやく伝えられたのは良かった。
ラストではMJは婚約者との結婚式を抜け出しピーターのもとへ。良かった良かった。ハリーは父親のグリーン・ゴブリングッズを見つけて、何やら次作では敵としてゴブリン復活をにおわせて終幕。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ