ここから本文です

さとうきび畑の唄 (2003)

  • みたいムービー 40
  • みたログ 704

4.19 / 評価:137件

美しい沖縄・美しい家族愛

  • 映夢★emu さん
  • 2007年6月30日 17時45分
  • 閲覧数 1435
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦争の悲惨さや悲しみを描いた作品はたくさんありますが、このドラマはどんなに苦しくても辛くても、『自分』らしさを失くすことなく、夢を忘れず、笑顔を絶やさず、真っ直ぐに生きた家族の物語です。

主演のさんまさんは、見るからに人の良さそうなお父さんの役。
家族の幸せが自分の幸せ。
戦時とゆぅ事も忘れてしまいそうなくらい平和でゆっくりとした時間が流れている田舎の風景。
人の笑顔を見ていると、自分まで嬉しくなってしまう。って感じがさんまさんのキャラにも合ってますし、写真館の仕事も天職。

幸せの絶頂ともいえる、長男の結婚を堺に訪れる『戦争』といぅ名の黒い影。
お国の為とはいえ、あんな赤い紙切れひとつで、『さぁ、戦え。お前の命を差し出す番だ』・・・こんな恐怖に絶句。
戦争ってホントに怖いものだって改めて実感させられました。

私は、戦争映画を観る度に考えてしまいます。
何故、人は(国は)戦うのでしょう?
生まれ育った国は違っても、同じ人間。命の尊さに変わりはないのに。


『私はこんな事をするために生まれてきたんじゃないんです。』
この言葉の意味と重さが、切なく胸に突き刺さります。

バラバラの家族。哀しい結末。

まだご覧になっていない方には是非観ていただきたい作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ