ここから本文です

さとうきび畑の唄 (2003)

  • みたいムービー 39
  • みたログ 703

4.18 / 評価:136件

隠れた名作。

  • リリィ さん
  • 2007年3月1日 15時29分
  • 閲覧数 1497
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

話は戦争時代の沖縄。
劇場映画ではなくテレビで
特別放送みたいなカンジで放送されたモノ。
主演はさんまさんで小さな写真屋を営む父親。

長男が同じところに住む教師と結婚というところから始まり
家族は幸せの絶頂。
そんなときに長男へ赤紙が…

そこから家族は引き離されてばらばらに
父親は沖縄の防衛軍として召集。
母と3男と2女は疎開。
長男は遠くの最前線に招集。
次男は自ら志願して軍隊へ。
長女は看護隊。

そこからさまざまな話があり全ては書けませんが、
いろいろな感動がありますが
1つだけ感動したシーンを紹介しようと思います。

1つ目はさんまさんが軍隊で森の中を歩いているとき
1人で孤立した負傷中のアメリカ兵を発見したとき
上官にそのアメリカ兵を殺すように命令されたとき
「私はこんなことをするために産まれてきたんじゃないんです。
みなさんの笑顔を写真に収めるために産まれてきたんです。」
その一言により上官に射殺されてしまいます。

まさにあっけないシーンでした。

さんまさんの演技力に拍手で
泣きたくなるときにはいつもこの映画を見ます。
隠れた名作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ