レビュー一覧に戻る
ぼくは怖くない

ぼくは怖くない

IO NON HO PAURA/I'M NOT SCARED

109

kas********

5.0

地雷除去班員の皆様へ

 地雷除去班員の皆様 こんばんは かっしーです。 皆様に 地雷を除去する上での注意事項があります。 その1 いくら地雷とはいえ、れっきとした映画です。       「愛」をもって除去しましょう。 その2 アルバトロスだからといって、地雷と決めつけてはいけません。        内容をよく見てから判断しましょう。 その3 おやつは300円まで。        ※ただし、バナナはおやつに含まれません。 。。。というわけで、この「ぼくは怖くない」はアルバトロスなのですが、 地雷などではありません。良質の映画です。 10歳の少年ミケーレは、誰も住んでいない空き家の裏で地面に掘られた穴を見つけます。 その穴をのぞいてみると。。。なんと 少年がいたのです!!! 少年は鎖につながれ、かなり衰弱していました。 ミケーレは、最初は驚きながらも 徐々にその少年と仲良くなります。 食事を持って行ったり、穴に下りて話をしたりします。 しかし、この少年はなぜ鎖につながれ、穴の中にいるのでしょうか。。。 段々と その謎が明らかになっていきます。。。 風景の美しさと子供たちの純真さで、非常に透明感のある映画ですが 内容はかなりダークです。 優しくて頼りにしていた愛する父親が まさか。。。 そしてそして、お気レビ様のシバ美さんがおっしゃっていた「驚き」のシーン。 実際見てみると、かなり驚きました。 「ミ ミケーーーーーーーレーーーーーーーーーーッ!!!!!」 ラストも 決してハッピーエンドとは言えないんですけれども、 不思議な美しさがありました。 全編通して 不思議な美しさがある本当に良質の映画です。 アルバトロス やればできるんじゃん。笑

閲覧数470