レビュー一覧に戻る
ぼくは怖くない

ぼくは怖くない

IO NON HO PAURA/I'M NOT SCARED

109

fyf********

2.0

ネタバレこれは。。。

良い映画っていわないと、つまはじきに合う映画ですね。。。 要は特に悪い所がないんです。 ジ○リ映画も、とりあえず良いって言っとかないとつまはじきに合う的な空気があるのと一緒。。 ホントに良い作品もありますよ。でも、それホントに面白かったか?ってのもあると思うんですよね。。 回りが言ってるから良いって言ってるんじゃないの?とか、ジ○リだから無意識のうちに良いって思いこんで(ハードル下げて)観てるんじゃないの?とかね。。。 例えば、 子供の成長、動物、田舎の美しい風景があり、そこに、ちょっとした衝撃事件が起りなどが起るような映画。 で・・・ 最後は先の読める感動系のラストっ! これを、クサしたら「この人性格悪~い」とか言われちゃうもんね。。。 感動にするなら、ラストで主人公の男の子は死んだ方が良かったんじゃ? で、その遺体に両親が抱きつき号泣してるとか。そのままやりきれないラストとかね。 男の子生きてるし、人質逃げてないし、ヘリ来てボス捕まるし、、 全部上手くまるく納めて、小学校とかの映画上映会とかで教育省推薦。。とか言って、イタリアの学校で流してそう。。。 だから。。。 この映画を悪く言うと、言ったその人が悪い人扱いされてしまうタチの悪いジャンルです。 結論を言うと、悪いとは言わないけど、皆さんが言う程良くないし、中の中か中の下って感じでした。 小堺かずきさんのお笑いとか好きな人達は、こうゆう映画も好きなんだろうなって感じました。

閲覧数1,000