ここから本文です

シャレード (2002)

THE TRUTH ABOUT CHARLIE

監督
ジョナサン・デミ
  • みたいムービー 6
  • みたログ 149

2.25 / 評価:37件

オードリーが比較対象では…

  • オーウェン さん
  • 2012年7月19日 21時23分
  • 閲覧数 1054
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

キャストで判断すれば犯人がすぐ分かりますが、そもそも主役のマーク・ウォールバーグとサンディ・ニュートンはどう考えてもミスキャスト。

オリジナルの方の「シャレード」はオードリー・ヘップバーンとケーリー・グラントなので対抗は難しい。
あの映画は脇にも豪華なキャストが放り込まれているし、何よりも映画全体がお洒落である。

基本はサスペンスだが緊迫する部分もないしヤマ場らしきものが一つもないので、ひたすら地味な展開の連続。
犯人役の怪演が唯一の救いといったところ。

でもやっぱり「シャレード」は「ローマの休日」同様リメイク不可な作品だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ