ここから本文です

ロスト・イン・トランスレーション (2003)

LOST IN TRANSLATION

監督
ソフィア・コッポラ
  • みたいムービー 490
  • みたログ 3,863

3.28 / 評価:992件

だただ見ていて心地よい

  • yuki さん
  • 2020年10月30日 12時11分
  • 閲覧数 554
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

スカーレット・ヨハンソンが美しい。ビル・マーレイとの近づき過ぎない距離感が心地よい。あいかわらずソフィア・コッポラの音楽のセンスが良くて、「はっぴいえんど」なんて誰がコッポラに教えたのだろう。音楽、映像ともに素敵でただただ見ていて心地よい映画だ。日本人の目線から見ても”変な日本”というのはほとんどなくて、むしろ、よく日本人の機微をそこまで細かく捉えたな!と関心しきり。日本人側のキャスティングも絶妙だし、よっぽど優秀な日本コーディネーターがいたのだろうか。とにかくいい映画だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ