ここから本文です

ロスト・イン・トランスレーション (2003)

LOST IN TRANSLATION

監督
ソフィア・コッポラ
  • みたいムービー 447
  • みたログ 3,753

3.28 / 評価:896件

解説

CM撮影のため来日したハリウッドのベテラン俳優とカメラマンの夫に付き添って来日した若妻、2人のアメリカ人が異国で体験する淡い恋心を描く。『ヴァージン・スーサイズ』でデビューしたソフィア・コッポラ監督の2作目にして第76回アカデミー賞の作品賞にノミネートされた秀作。『チャーリーズ・エンジェル』にも出演していたビル・マーレイ。彼はこの役でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。相手役の若妻には『ゴーストワールド』のスカーレット・ヨハンソン。東京の雑踏がコッポラ監督によって、美しく映し出されているのも日本人にとって新たな発見。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ハリウッドのスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)はウイスキーのCM撮影のために来日し、滞在先のホテルへと向かっていた。ホテルで出迎える日本人スタッフに軽く挨拶をし部屋に入るとアメリカの妻からファックスが入る……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

「ロスト・イン・トランスレーション」彼らは外国で孤独を感じている者らしい行動をとる

 「R」と「L」問題。通勤電車でエッチな漫画を読む男性。背の低いサラリーマンのなかで頭一つ飛び出た外人。幼稚でおどけたTVショーのホスト。トレンディなクラブでトレンディな人々が英語らしき言葉で交わす脈絡のない会話。漢字の看板。回転寿司。東京を訪れた人の心に残るのはこうした事柄だろう。

 そしてこれは、数々の賞を受賞したソフィア・コッポラの新作で描かれる東京でもある。ステレオタイプだって? 明らかに。表面的? 間違いなく。中年の映画スター、ボブ(マーレイ)と若い人妻シャーロット(ヨハンソン)は、外国で孤独を感じている者らしい行動をとる。異文化を理解しようとする代わりに、同郷の似た者同士でつるんで異文化を「体験」するのだ。当然、表層的な東京しか見えてこない……もっとも東京をこのレベルでしか知らない訪問者(含コッポラ女史)は少なくない。住人である私にはいささか退屈だったが、主演俳優の優れた演技を際立たせる舞台設定としては、シンプルでいいのだろう。

 何しろ、気の散る要素はひとつもない。この2人が歯を磨く場面だって、喜んで見入ってしまうだろう。ほかに感情を揺さぶる人物も出合いもない砂漠では、実はありふれた2人の関係もオアシスに見える。(グレゴリー・スター)

4月17日より、シネマライズほかにてロードショー

[eiga.com/4月15日]

映画.com(外部リンク)

2004年4月15日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ