ガキンチョ★ROCK
3.2

/ 12

33%
17%
17%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

幼なじみのコウメイ(西野亮廣)、チンク(梶原雄太)、源内(宇治原史規)、セミマル(菅広文)の夢は、バンド”ガキンチョ ROCK”で有名になること。そして彼らのマドンナ、比呂美ちゃん(清水ゆみ)に再会することだった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(8件)

笑える33.3%コミカル25.0%楽しい25.0%パニック8.3%かわいい8.3%

  • mak********

    4.0

    ネタバレ菅ちゃん d(≧∇≦)b ナイス!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sug********

    1.0

    コントの延長としてみれば面白いかも?

    キャスト的にけして真面目な作品ではないだろうと思って観たけど、なんだろう ちゃんとそれなりのスタッフで作ってるみたいですけど、どうにもコメディとしてはつまらないし、真面目な作品かといえばそれも全く違うし。 観ながらどこに着地していいか迷いました。 自分は昔、芸人オタもやってましたし、お笑いは結構好きな方なんですけど、これはよっぽど吉本、というかメインの出演者が好きな、限りなくピンポイントの人しか楽しみようがないかも。 テレビ番組のコントドラマ、的なノリで観ればなかなか良く出来てるじゃない、と言いたいとこだけど、一応これ、映画館で上映した作品なんですよね?だとしたらやっぱり映画として楽しませてほしい。 ああでもひとつだけ、玉手ゴローは最高だった(笑)。

  • sas********

    3.0

    ま、こんなもんでしょう

    芸人4人が主演ですから、こんなもんでしょうね。 梶原がだいぶ浮いてる感じはしますが、まぁそれもご愛嬌。 キングコングとロザンのファンなら楽しめるんじゃないでしょうか?

  • aki********

    1.0

    申し訳ないが

    これで素面の観客が面白がると思って作ったんだろうか?第一、作った人たち自身が面白いと思っているんだろうか?女装ごときで笑いをとろうという、学生の宴会芸のようなまったく信じられないセンスだ。 途中でミュージカルっぽくなるところは、ダンスも歌も超ヘタクソ。マドンナ役の比呂美ちゃんが魅力をひどく欠いていて、若者たちを夢中にさせる設定に無理がある。 音楽の楽曲は結構よくて、2点をあげてもいいのだが、サル顔の男の子がとてもイケてないのに目立ちたがっていたのが不愉快なので、申し訳ないが1点にしちゃう。

  • おく

    5.0

    私は大好き

    ロザンふぁんの私にとっては、最高の映画です。そりゃもちろんもっとすごい映画はあると思いますが、楽しむという面では良い映画だと思います。歌や踊りが下手でもいいじゃないですか。芸人らしくて。頑張ってる感じが伝わってきます。そんな姿を見ているだけで、私は幸せです。明るい気持ちになります。 現実離れしてるかもしれませんが、単純なストーリーかもしれませんが、年齢を問わず見やすい映画なのではないかと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


西野亮廣コウメイ
梶原雄太チンク
宇治原史規セミマル
菅広文源内
清水ゆみ比呂美
徳井義実玉手ゴロー
山中聡又野修造
川原田樹前橋刑事
田中要次桑島刑事部長

基本情報


タイトル
ガキンチョ★ROCK

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル