レビュー一覧に戻る
みなさん、さようなら
2004年4月24日公開

みなさん、さようなら

LES INVASIONS BARBARES/THE BARBARIAN INVASIONS/INVASION OF THE BARBARIANS

992004年4月24日公開

おおぶね

4.0

「蛮族の侵入」

蛮族って誰?  やっぱり、この父親だ。  一番インテリで蛮族から遠い人のようであるが、一番、妄想に凝り固まった男である。  新しい思想を追いかけるが、これって節操がないというだけだ。  日本の哲学者、というのも哲学・学者であって、哲学・者では決してない。  「トム・クルーズが別荘を他人に貸すからニコール・キッドマンは別れた」なんてところが好きだ。  中国のグオ・ジンを思い出すシーンも笑える。ゴダールなんかに影響されて「文化大革命」を誉めて振られるのだ。  フェリックス・フォール仏大統領とスタンネル夫人の話も笑える。  僕が死にそうな顔をしていた時に、人類学の先生が「死ぬなら腹上死ですよ」と教えてくれた。まだ実行できていない。  安楽死、ターミナルケアの映画だった。  おおっ、今もテレビに蛮族が映っている。  解散を決めたという安倍総理だ。  自分のじいちゃんの妄想に侵されている。

閲覧数878