ここから本文です

みなさん、さようなら (2003)

LES INVASIONS BARBARES/THE BARBARIAN INVASIONS/INVASION OF THE BARBARIANS

監督
ドゥニ・アルカン
  • みたいムービー 95
  • みたログ 659

3.11 / 評価:129件

なかなか

  • ven******** さん
  • 2015年4月18日 2時45分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ここでのレビューは良くないようですが,私は楽しめました。
少し解釈が難しいところもありますが,
全体としては,ユニークな父親と友人たちのお蔭で,面白いストーリーになっていました。
たくさん笑いましたが,
父親がいよいよ最期を迎えるときに,
「お前みたいな子供を作れよ」
と息子を抱きしめるシーンで涙腺が崩壊しました。

遠方から友人や家族が来て,
最後の数日間を一緒に過ごしてくれるのですから,
一見すると蛮族のような父親でも,
大変な魅力を持っているのだろうと思います。
寧ろ息子夫婦の方が,お金はあっても淡白でつまらなそうです。

来る資本主義社会への一抹の不安と,
愛すべき社会主義への別れといったようなメッセージもあるのかなぁと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ