レビュー一覧に戻る
みなさん、さようなら
2004年4月24日公開

みなさん、さようなら

LES INVASIONS BARBARES/THE BARBARIAN INVASIONS/INVASION OF THE BARBARIANS

992004年4月24日公開

fg9********

3.0

ネタバレ頼みがある。お前みたいな息子を作ってくれ

 …あらすじは、解説のとおり。  大学の元教授が末期癌になり、母親・息子・愛人・知人たちに看取られて最後の日々を送る物語。  このオヤジ、病気とは思えないほどに元気がよく、かつて何人もの女と関係を持ったというエロオヤジ。  このオヤジだけではなく、愛人・知人たちの『おしゃぶり、エンジェル』的な卑猥な話しには多少辟易気味。  いよいよ末期が近づき痛みが激しくなってきたので、姪っ子?(ナタリー)のヘロイン中毒女性を通じてヘロインで痛みを和らげて貰う。  この女性(マリ=ジョゼ・クローズ)が素敵だったので調べてみると、本作で第56回カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞したとあった。  結末は、見送る全員と抱擁を交わし、ナタリーが大量のヘロインを点滴の中に注入し、安楽死させる。  その直前、父は息子を抱き寄せ、次のように言って逝く。  『頼みがある。お前みたいな息子を作ってくれ。』  それに続くエンディング曲は素敵だった。  なお、原題は『野蛮な侵入』という意味らしいが、何故か邦題は『みなさん、さようなら』。  劇中で、世界の歴史の発展は『野蛮な侵入=移民』の上に成り立っている……のような発言があったが、『野蛮な侵入=癌』によりこの世を去っても、息子が再び歴史を作ってくれる、と無理無理解釈した。  余談でした…一見の価値はあった。

閲覧数839