ここから本文です

踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2 (2003)

監督
本広克行
  • みたいムービー 21
  • みたログ 793

2.88 / 評価:117件

いつも通り

  • shp***** さん
  • 2012年10月22日 23時02分
  • 閲覧数 522
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

...............................................................................................................................................
現場や下っ端を究極に軽く見すぎの真矢が司令官として登場。
殺人事件が起こり、真矢のもとで捜査が開始される。

でも余りにもエリート主義過ぎて誰もついて来なくなり、
上層部からおろされて、柳葉が捜査の指揮を引き継ぐ形になる。
柳葉は逆に、全面的に信頼するから指示出さないと言って現場に任せる(場)

犯人は会社をリストラされた者らの集まりで、リーダーが不在だった。
リーダー不在な集団なので身軽で最強の組織と自負してたのだった。

最後のシーン、織田が走ってって犯人らの車に追いつく(場)
で、リーダーのおらんおれら無敵の組織は捕まえられんやろと言われ、
いやリーダーが良ければ、リーダーがいる組織も強いと言い返す。
犯人らは鼻で笑って去るが、その直後突然逮捕。ええええええええ?

柳葉が上層部への確認もなしにレインボーブリッジを封鎖したらしい。
指示系統がガチガチな組織では橋の封鎖なんてすぐ出来ないって、
タカをくくってたのに、「いいリーダー」の柳葉が独断でやって、
犯人は逮捕されましたよ、ってなオチやったみたい(場)
...............................................................................................................................................

うーん、相変わらず馬鹿馬鹿しい、フジテレビらしい映画。

登場人物もありえんような極端な奴ばっかり。
まず織田は、おれを刺激するような事件はないんか?みたいに愚痴る。
所詮所轄なんで平凡な事件ばかりで、それにがっかりするという最低さ。
そんな奴に町を任したくはないわ、いやマジで警察官として格好悪い。

さらに、気まぐれ営業の居酒屋か何かが、
自分の希望の日に営業せんからって強引に逮捕。ほんとに死ね。

そして真矢も強烈。
事件は現場でなく会議室で起こってるとかノタマった。
自分の意見に反対する刑事らを全員首にしてとかもノタマったし(場)

柳葉もめちゃめちゃ。
上層部の許可もなしにレインボーブリッジを閉鎖?
犯人が現れて逮捕されたからええようなものの、そんなの運やん。
もし来なかったら市民やマスコミから大バッシング受けまっせ?

それに上述のように、現場の人間を信じて指示は出しませんって。
現場の人間の名前も顔も全然知らんのに、その何を信じるっての?
ってか指揮するのがあんたの仕事やろ。仕事しろよこの税金泥棒。

あと深津が犯人グループに撃たれて気を失ってる時の織田。
出血しまくっとるのに無理に抱き起こす始末。殺す気か?
誰か電話するだろうってな発想もやめて、お前がまず救急車呼べよ。

あと話の展開を進めるプロットが素人そのもの。
現場に洋ナシがいつも落ちてるから「用なし」ということで、
よってリストラされた人間が犯人ってわかる。馬鹿か?

それに犯人を追い詰めるきっかけとなったのもまたアホ。
犯人がカメダって言ったのは、実は東北弁で訛ってただけで、
実はカマタの事だったって。何やそのベタなストーリー(場)

結局多分この映画が言いたいことは、
会社組織では必ずリーダーがいて、そのせいで個人が生きない。
でもいいリーダーなら個人も生かせるんだよ、って事っぽい。
サラリーマンの共感を得ようとしたんだろうが、シュール過ぎて無理。

まあ違う意味で色々笑えたから、2点上げましょう。
全体に織田のイメージビデオで、しかも「格好いい」の定義が古臭い。
これが今で言う外交官・黒田某のルーツなんやわな(場)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ