ここから本文です

Mr.インクレディブル (2004)

THE INCREDIBLES

監督
ブラッド・バード
  • みたいムービー 143
  • みたログ 5,167

4.09 / 評価:1661件

解説

『ファインディング・ニモ』のディズニー/ピクサーが描く引退したスーパー・ヒーローとその家族の繰り広げる愛と冒険の物語。監督は『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バード。声の出演には『ポルターガイスト』のクレイグ・T・ネルソンや『ピアノレッスンン』のホリー・ハンター、サミュエル・L・ジャクソンなど演技派が名を連ねる。『ファインディング・ニモ』の6倍もの処理速度でコンピュータが描く、キャラクターの複雑な表情や150着以上の衣装は新たな映像世界を見せてくれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

スーパー・ヒーローの破壊力に満ちたパワーは、一般市民の生活にもダメージをあたえ、スーパー・ヒーローは、政府から活動を禁止されてしまう。それから15年後、かつて人気ナンバー・ワンだったヒーロー“Mr.インクレディブル”は保険会社の社員として暮らしていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)DISNEY/PIXAR
(C)DISNEY/PIXAR

「Mr.インクレディブル」まさに、インクレディブル!なのはピクサー?

 一見すると、「Mr.インクレディブル」は、いつものピクサー映画らしくない。主人公は魚やモンスターじゃなく人間たち(しかも、その造形は決してキュートじゃない)。アクション描写は過激で(ピクサーでは、初のPG指定映画となった)、上映時間もこれまでで最長の115分である。

 でも、これが大傑作なのだ。最高に刺激的なアクション映画でありながら、笑いとドラマに満ち、ピクサー映画のトレードマークであるハートがしっかりとある。圧倒的なビジュアル表現と卓越したストーリーテリング、そして、その根底に流れるポジティブなメッセージ。これほど完成度の高い作品は、実写映画でも滅多にお目にかかれるものじゃない。

 これまで新作を作るたびにCGアニメのレベルを引き上げてきたピクサーだけれど、今回の到達点はあまりにも高い。脚本・監督を手がけたブラッド・バードの功績であることは間違いないが、どのスタジオからも問題児扱いされていた監督を招き入れたピクサーの器量の大きさも評価すべきだろう。これまでの成功方式を繰り返した方がよっぽど楽なのに、あえて外部監督を呼び込んで会社を活性化させた。つくづく志が高いスタジオだと思う。

(小西未来)

丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にて公開中

[eiga.com/12月17日]

映画.com(外部リンク)

2004年12月17日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ