レビュー一覧に戻る
ビッグ・フィッシュ
2004年5月15日公開

ビッグ・フィッシュ

BIG FISH

1252004年5月15日公開

kaz********

4.0

父への愛だけでなく家族愛の大切さも

父のほら話に辟易していた息子が死にかけた父のベッドサイドで、改めて父の生涯について話を聞くというストーリー。どこまでが真実でどこが虚構なのかわからない父の話だけれども、社交性があり誰にでも好かれる性格の持ち主だった。そして、結婚した妻を一途に愛し、誘われた女性になびくことはなかった。魔女の片目の義眼に映し出される自らの死のシークエンスを心の片隅におきながら、そのシークエンス以外では死なないのだと開き直って生きる父。父と向かい合った時に、どこか疎ましく感じている男性が多いと思う。しかし、父を理解するには、父がどういう生き方をしてきたのか話を聞くのが大事だ。そいうことができなかった自分に反省している。  父への愛とリスペクトを謳いあげたこの作品は、同時に家族愛の大切さも教えてくれる。

閲覧数1,558