レビュー一覧に戻る
名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)
2004年4月17日公開

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)

1082004年4月17日公開

izq********

3.0

ネタバレ怪盗キッドとの対決、後半はアクション映画

コナン映画第8弾。怪盗キッドとの対決話し。キッドがメインということで、盗みに殺人事件絡めて、そしてキッドがコナンらを助けていい奴っぽく締めるパターン。キッド出てくると、どうしても殺しの謎解きが少し疎かになってしまい、後半は飛行機墜落ピンチを乗り切るアクションものになってしまっている。ただ、色々詰め込み過ぎで宝石盗難話しも殺人事件もあまり深みは無かったが、飛行機墜落ピンチはそれなりにハラハラして観れた。見方を変えると盛り沢山の内容の映画とも言えるかな。 女優の牧樹里の自宅に怪盗キッドから宝石盗難の予告状が届く。毛利探偵やコナン、蘭らは宝石を守るため、牧が主演するジョゼフィーヌという演劇の劇場に張り込む。ジョゼフィーヌはナポレオンが愛した女性らしい。 楽屋には、マネージャーの矢口真佐代、ヘアメイクの酒井なつき、劇でナポレオン役をする俳優の成沢文二郎、女優の田島天子、若手俳優の新庄功、演出家兼俳優の伴享ら後々の容疑者候補連中が勢揃い。さらに楽屋には、工藤新一に化けた怪盗キッドまで現れる。 そして開演。コナンは工藤新一に化けて会場の片隅にいるキッドを見張る。キッドが姿を消しコナンは後を追い、警備員に姿を変えたキッドの正体を暴き、コナンとキッドは劇場ビル屋上で対決。ビルからコナン落下もパラグライダーで、ハングライダーのキッドと空中戦。電車の上に両者着陸も、キッドはグライダーで逃走。結局、劇中では宝石は盗まれることはなかった。 舞台は変わり羽田空港。舞台の打ち上げで函館に一行は空路で向かう。なんて贅沢な。毛利やコナンらも当然招待され同乗する。 機内でコナンは牧の指輪の宝石が盗まれないか注意している中、マネージャーの矢口が牧と毛利に配ったチョコレートを牧が口にした直後に牧が青酸系毒物のため死亡。 コナンの推理のもと、眠りの小五郎ならぬ、眠りの如英里が登場し、犯人をヘアメイクの酒井と言いあてる。トリックは毒物を混入したファンデーションを牧の鼻付近に塗り、牧が飛行機で耳抜きするときに毒物が指に付着。チョコを食べたときに指を舐めて毒物を摂取することになった。 色々話しを詰め込んでるせいか、容疑者連中のバックグラウンドが描ききれておらず、割とサラっと殺人事件は映画中盤で解決。 ここから後半。牧と接触した機長と副操縦士の両者も毒物中毒となってしまう。代わりに若手俳優の新庄に化けて機内に潜入していた怪盗キッドとコナンが操縦席に座る。なんとか函館空港に到着するが、落雷に会い、着陸中止。管制塔に接触し、第二エンジン一基を失い、燃料漏れ、空港は火災で滑走路も使えない大ピンチに陥る。キッドは片腕を負傷し、代わりに蘭が操縦桿を握ることに。緊急着陸場所を探すコナンは室蘭の埠頭を目指す。 なんとか室蘭の崎守埠頭に到着するが、明かりが無く、着陸場所の目印が無く困るコナン。怪盗キッドはやばい状況だからと、グライダーで飛行機を脱出。 一瞬キッド最低な奴だと思わせておきながら、実はキッドはわざと警察に見つかるようにグライダーを飛ばし、警察車両を埠頭に誘導し、パトカーの光で擬似滑走路を作っていた。 最後に操縦桿を握る蘭は乗客の命を預かるプレッシャーに押し潰されそうになっていたが、コナンが工藤新一として通信して蘭を励ます。そして蘭は工藤に愛を告白する。キッドが作ったパトカーの滑走路を見つけた蘭は、工藤の通信での誘導のもとに緊急着陸を敢行。無事に着陸して終幕。 蘭は通信で会話して愛の告白をしてしまった相手は工藤では無く実は怪盗キッドだったと勘違いして終わる。 最初の宝石盗難の話しが殺人事件のせいでおざなりになっていたが、機内で新庄に変身したキッドが牧の指輪をチェックして偽物だとわかり盗みはやめていた、というサラっとしたオチ。 主題歌は愛内里菜の「Dream X Dream」。

閲覧数610