ここから本文です

ハッピー・フライト (2003)

VIEW FROM THE TOP

監督
ブルーノ・バレット
  • みたいムービー 66
  • みたログ 738

3.18 / 評価:206件

おバカな映画かと思ったらスター満載

  • Shoko さん
  • 2017年11月2日 20時11分
  • 閲覧数 1642
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

テレビをつけたら放映されていた作品。
バカバカしそうだからちゃんと見る気はなかったけれど、グウィネス・パルトローがあまりにもチープなイケイケの格好ででてきたから、なんなんだろうと逆に興味をひいて、見てしまいました。

肌見せセクシーなスチュワーデスになって、ドタバタな騒ぎを繰り広げるから、え〜、彼女が有名になる前のすごーく若い頃の映画?なんて思っていたら、ハンサムなロブ・ロウがでてくる(『セント・エルモス・ファイアー』はよかった!)、そのうちにキャンディス・バーゲンもでてくる、そしてマイク・マイヤーズも!となると、これは若き頃に出演した恥ずかしい映画じゃなくて、本気でヒットをねらったコメディなのね、と漸く理解しました。

彼女はキャンディス・バーゲンに触発されて、「パリ、ファーストクラス、国際線」を飛ぶスチュワーデスになろうと、トレーニングに励むのですが、そんな夢って共感できないなー、と思ったり。まぁ、プロット的にわざとなんですけどね。

それでまだ消そうか迷っていると、決定打、大好きなマーク・ラファロがでてきた〜。
あぁ、グウィネスの恋の相手はロブではなかったのね。
マーク・ラファロさんて、本当に幅広い役がこなせる芸達者だわぁ。
というわけで本気鑑賞をやっと決定。

その後はなんかまぁ予定調和というか、なるべくようになるけれど、期待値ゼロからスタートすると、気楽な寝る前の気分転換にはそう悪くもない、と思えます。
グウィネスさんは私生活では嫌われてるとか聞くもんだから、どんなにいい役柄でも、私って一番可愛くてお金持ちで頭もいいのよ、的な態度がすけてみえちゃうような気もするんですが、この映画ではやっぱりグウィネスさんが魅力あるのはわかります。
スタイルをさらによくみせるために(?)ヒールはいてるから、マーク・ラファロよりも誰よりも背が高いなー、とちょっと気になりますが。

2003年公開作品ですが、本当は2011年クリスマス公開予定だったのが、アメリカ同時多発テロが起こったので延期されたとのこと。ということは撮影時はグウィネスさんはぎりぎりまだ20代だったのね。

特におすすめするほどの映画ではないけれど、なんだかんだいいながら楽しんだので、星みっつ進呈です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ