ここから本文です

パーティ★モンスター (2003)

PARTY MONSTER

監督
フェントン・ベイリー
ランディ・バルバート
  • みたいムービー 80
  • みたログ 250

3.85 / 評価:40件

解説

田舎から上京し、一躍ニューヨーク・クラブ界の仕掛け人となった実在の人物、マイケル・アリグの栄枯盛衰を描いたカルチャー映画。マイケル役はマコーレー・カルキン。『ホーム・アローン』の人気子役が9年ぶりに映画界復帰だ。舞台は90年代初頭。ディスコ華やかなりし頃のクラブ・キッズたちの衣装や、ポップミュージック全盛のディスコサウンドなどが随所に盛り込まれ、懐かしい気分に。今見ても斬新なファッションは必見。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

「ディスコ殺人事件」を上梓した元祖クラブ・キッズのジェイムズ(セス・グリーン)。彼はインタビューで、殺人事件を起こした伝説のクラブ・キッズ、マイケル(マコーレー・カルキン)とその時代について語り始める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ