恋する幼虫

PG12110
恋する幼虫
2.7

/ 15

13%
13%
20%
33%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(9件)


  • tsu********

    2.0

    う~ん

    開始から90分まで、ほぼつまらない。長編じゃなくて短編にするべきだった。 荒川は役者じゃなくてアイドル。自分を演じることしかできない。キムタクと同系列。 自己愛と他者への愛との葛藤というテーマはいいが、いかんせん描写が弱い。

  • kou********

    2.0

    いやどうなんだコレ。

    なんていうか不思議な映画。 最初のシーンから「?」だらけ。 ヒロインのアップに変に時間かけすぎです! 血を吸う頬だけが呆れるぐらいグロくて秀逸。そこだけが好みです

  • nat********

    3.0

    井口ワールド?!

    なんだろうか、独特な世界です。 監督の井口昇さんの生き方、考え方がこういう世界観を生み出しているんだろうな、と思います。 私的には、井口昇って人に少なからず興味を持っていて、 この人あってのこの映画っていう。 ま、松尾スズキが語る井口昇しか知らないですけどね。 いじめを受けた経験や、人から特別視されたりとか人間関係に壁がある、そんな印象を受けました。

  • hak********

    5.0

    井口ワールド

    井口ワールド全開の快作でしょう もっと活躍して欲しい監督の一人です

  • ken********

    3.0

    良々!

    独特の世界観と、なんといっても荒川良々!なんだろう、もう引き込まれるというか引きずりこまれた・・・実はレンタルで夜中に観たのですが、もう最後は感動してたりして何とも不思議な不思議な映画でした。でも痛々しい!

  • daw********

    4.0

    平成のエロ!グロ!ナンセンス!!

    平成のエロ・グロ・ナンセンス。荒唐無稽なお話のようで ここには「愛」がちゃんと語られています。 「性」がちゃんと語られています。 敢えて言いましょう。この作品は純愛ラブ・ストーリーです。 そして、最初から最後までリビドー全開。エクスタシー全開の シュールな作品です。トラウマが飽和点に達すると、究極の 真・善・美が具現化される。その過程を顔面に生まれた 奇妙な生命体を軸に、あくまでも平静に、日常的に描いております。 監督・出演者の多くは劇団「大人計画」所属の面々。 演劇には詳しくないのだけれど、公演チケットは即完売の 人気劇団らしいのです。最近では、テレビでもよく見かけるとのことで すっかりメジャーな存在との友人評。 (「タイガー&ドラゴン」等人気ドラマもあった・・・らしい) また、井口監督はアブノーマル系AV監督出身で、それ故にか 直接的表現ではなく、暗喩によって見事にエロティシズムを 表現しています。 漫画家の西尾フミオ(荒川良々)は少年期の性的トラウマが原因で 他者との接点、特に異性とは全くうまくつきあえない。 そんな折り、新人編集者の藤井ユキ(新井亜樹)がやってきます。 ユキもユキで極度の男性恐怖症。恋人(松尾スズキ)にさえ身体を 触れさせることができません。 そんなある夜、自信を持って書き上げた作品をユキに否定された フミオは突然、切れてしまい万年筆をユキの頬に突き刺してしまいます。 狼狽するフミオを残し、部屋を飛び出すユキ。 自分のした行為に罪悪感に苛まれたフミオはユキの自宅を訪ねて みます。すると、そこには顔の傷から奇妙な生命体が生まれたユキが いるのでした。 生命体のせいか、すっかり、強気になったユキの言うなりになった フミオは人間の血を欲する奇妙な生命体のために、人捜しをするはめに なります。付かず離れずになりながらも徐々に奇妙な愛情を育んでいく フミオとユキ。 コミカルで衝撃的なラストは感動的でさえありました。 不快なシーンもあって、人によっては直視に耐えないかもしれませんが 一方で、その表現方法は何とも、新鮮で不可思議な気持ちになれる作品です。 出演者の台詞もいい。本がしっかりとしているからでしょう。 演技も逆デフォルメというのか、決して大袈裟ではなく、抑制した演出の 中にもキラリと光るものがありました。 個人的には、登場したときのユキには全く魅力を感じませんでしたけど ラストには性的アピールさえ感じるほど、いい女になっていました。 2時間弱、全く飽きずに楽しめます。 カップルで見てもいいかとは思いますが、決して子供とは一緒に見ないでください。

  • syo********

    5.0

    傑作(といってもかなり隔たってます)

    大人計画好きな方にはお勧めです。 荒川良々さん、新井亜樹さん素晴らしいです。 井口作品と入ってもマシンガール等のようなバイオレンス、グロ方面の作品ではありません。 ラブストーリーです。 終盤の展開にびっくりしました。

  • viv********

    1.0

    グロもストーリーもイマイチ

    「片腕マシンガール」は好きだけどこれはイマイチだった グロも少なめだし、主人公への感情移入も全く出来ない ストーリーの起伏も少なく途中で飽きてしまった 最後のオチもちょっと… でもなんかみんな楽しんで映画作っているんだろうなぁ感は画面を通して伝わった 松尾スズキと新井亜樹は好演だったと思った

  • yam********

    2.0

    ネタバレ荒川さん初主演はこちらでは?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中