2004年8月7日公開

堕天使のパスポート

DIRTY PRETTY THINGS

PG12972004年8月7日公開
堕天使のパスポート
3.9

/ 74

28%
43%
24%
3%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ロンドンのホテルで働くトルコ系移民のシェナイ(オドレイ・トトゥ)は、NYに渡り自由に生きることを夢見ていた。ある夜、同じ職場の同居人オクウェ(キウェテル・イジョフォー)がホテルにまつわる恐るべき秘密を知ったことで、2人の人生は思わぬ方向へ動きだす。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(25件)

切ない21.9%悲しい17.8%絶望的11.0%勇敢9.6%知的9.6%

  • ☆希望の星☆

    4.0

    イギリスの不法移民の現実

    映画で知る不法移民のこと 臓器売買のこと 映画のどのシーンも驚きの連続 これに近いことが現実にもあるのかもしれないと確信した 難民問題について 何ほどのことが分かっているのか 現在 イギリスだけでなく 世界中に不法移民の問題があるらしい この映画を観て 日本の現状も調べた 俳優たちは皆 個性的で上手かった ファンであるところのキウェテル・イジョフォーに 出会えた

  • fuj********

    4.0

    ネタバレ秀逸なシナリオ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dkf********

    3.0

    良くも悪くもオドレイ・トトゥがポイント

    英国の不法移民と臓器売買の闇に迫る社会派ドラマ、といえば何やら重々しいが、サスペンス的な娯楽要素もあって、実はそれほど敷居は高くない。そのバランス感覚の良さがフリアーズ監督の職人技だろう。 テーマさながら、出演者の国籍も多様だ。英国人、フランス人、スペイン人、クロアチア人、インド系、中国系など多国籍なキャスティングが作品に奥行きを与えている。その中でシャナイ役のオドレイ・トトゥが本作のキーを握ると思うが、良くも悪くも彼女の「明るく可愛い」系キャラが本作を観やすくしているともいえるし、逆にこのストーリーとこの役に合っていないともいえる。最後は何やら悲恋モノの恋愛映画みたいになってしまっているし、あまりトルコ人には見えないという時点で個人的には別の女優の方が良かったと思うが・・・ 一般的にあまり知られていない作品だし、オドレイ・トトゥのファン以外がなかなかこれを選んで観ることもないと思うが、「隠れた良作」感はあるので、興味を持ったら是非。

  • jem********

    3.0

    そりゃ惚れちゃうよ…

    真面目なオクウェ。 すごくカッコ良く見えました。 シェナイがあれ程好意がある事を匂わせていたのに決して一線を踏み出してこないのにはそんな事実があったとは… 社会問題を取り上げている映画みたいだけど、恋愛映画ともとれる。私は後者の見方が強かったです。ストーリーを運ぶ内容はとてもシリアスだけど愛って色んな形があるんだなって、もどかしくもそう思わせてくれるいい映画でした。

  • 一人旅

    5.0

    生き抜くために・・

    過酷な現実から逃げてはいられない。時には信条を捨て、現実を受け入れることも必要だ。生き抜くため、自由を得るため。 相変わらずオドレイ・トトゥが綺麗だ。ハリウッドにはないヨーロッパ映画ならではの落ち着いた雰囲気が心地いい。 間違いなく、傑作。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
堕天使のパスポート

原題
DIRTY PRETTY THINGS

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日