レビュー一覧に戻る
オーシャン・オブ・ファイヤー
2004年4月17日公開

オーシャン・オブ・ファイヤー

HIDALGO

1372004年4月17日公開

一人旅

4.0

人馬一体の灼熱砂漠アドベンチャー

ジョー・ジョンストン監督作。 アラビア砂漠横断ホースレースに参加することになったカウボーイと愛馬の絆を描いたアドベンチャー。 『ジュマンジ』や『遠い空の向こうに』といった90年代を代表する傑作を撮ったジョンストン監督ということで期待してしまったが、結論から言えば手堅く仕上げた佳作といったところ。 鑑賞後に初めて気付いたが、本作のカウボーイ、フランクと愛馬ヒダルゴは実在している(物語自体はフィクションのようだが)。 ホースレースは過酷を極め、突如襲い掛かってくる砂嵐やイナゴの大群、水や食料の確保等数々の試練が待ち受ける。延々と続く灼熱の砂漠といった自然描写もなかなかのもので、逆光によってヒダルゴの美しいシルエットが砂漠の中に浮かび上がる様子が美しい。ただ、レースの途中で寄り道して敵と戦うなどレースと関係のない展開も用意されているので、物語の一貫性は弱いもののその分総合的なエンタメ性は高くなっている。 まだら馬ヒダルゴの健気な姿が可愛い。馬は犬ほど感情を露わにしないが優しい眼差しでフランクを見つめたり、フランクの口笛に素早く反応して窮地を救ったりと人馬一体となった活躍を見せる。

閲覧数1,036