レビュー一覧に戻る
オーシャン・オブ・ファイヤー
2004年4月17日公開

オーシャン・オブ・ファイヤー

HIDALGO

1372004年4月17日公開

ohe********

5.0

ロマンが広がる大砂海

原題がHIDALGOとなっているのは、約3000マイルの砂漠を駆け抜けるサバイバルレースで主演のヴィゴが乗る馬の名前のことです。日本では砂漠をイメージしやすい『オーシャン・オブ・ファイヤー』となっています。 僕はこの作品の魅力を4つ挙げてみました♪ まずは、『ロード・オブ・ザ・リング』のアラゴルン役で世界的に絶大な人気を誇るヴィゴ・モーテンセンが主役に抜擢されたこと。 次にアラビア砂漠に単身で乗り込むカウボーイと野生馬というロマンたっぷりの挑戦物語という設定。 そして、オアシスと灼熱砂漠の大海、砂嵐に闇討ちといった、自然脅威と陰謀がレースのさなか渦巻く事件の数々。 最後は、映画に欠かせない音楽です。よくTV番組などで使われているので、聞けば「このメロディーどこかで・・」と思うかもしれません。 この作品について僕の友人などから批評を聞く限り、それ程いい評価をされてませんが、僕はヴィゴが挑戦する精神と大切な人たちを守る勇敢さを映像を通して(体現して)教えてくれる、素晴らしい作品だと信じています。

閲覧数362