2004年3月13日公開

かまち

1152004年3月13日公開
かまち
2.6

/ 14

14%
14%
29%
7%
36%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1970年代半ば。山田かまち(谷内伸也)は、詩や絵を書き、音楽に熱中する天才肌の少年だった。高校受験に失敗した彼は予備校に通う内に、知的な少女菅野(姫野史子)と出会い、”友達”として付き合う。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(9件)

不思議25.0%切ない16.7%知的12.5%悲しい8.3%笑える8.3%

  • lov********

    3.0

    その感性の3分の1でいいから、くれ!!

    山田かまちという名の天才の存在を知ったのは中学生の頃でした。 彼の「17才のポケット」って本をふと手に取って見てみたんです。 彼がこの世に残したたくさんのデッサンと詩が書いてありました。 「あぁ、彼のような人を「天才」と言うのか」と思いました。 プロフィールを見てみると 幼い頃に絵や詩の才能に目覚め、思春期にはロックを愛したとか。 多趣味な上に、そのすべてにおいて卓越した感性を発揮し、見る者の心を一瞬で掴んでしまうんです。「スゴぃ!!」としか言いようがないです^^; この天才は若くして亡くなってしまいましたが、それさえも「天才がゆえ」って気がして くるから不思議です。 で、映画を見てみました。 映画としてはいかがなものかと思いました。 あと、これ本当に山田かまちメインか?って印象を受けました。 彼の人生を綴った作品でないのは確かです! でも、彼が良い意味でぶっ飛んだ感性の持ち主であることは分かりました。 「一日24時間じゃあ足りないよ」というのが口癖らしく、その言葉はとても印象的でした。多趣味で、学業以外にもしたいことがたくさんある彼には24時間はあまりにも少なすぎる時間なんでしょうね^^♪ 彼がめちゃめちゃ頭良かったことも分かりました!! 天才って、勉強の方は劣等生というイメージがあるのですが、彼はなんでもできちゃう男の子だったみたいですww かまち役にはアイドルを起用しています。 演技は…ちょっと微妙ですが、その棒読みはあまり気になりませんでした。 でも、わざわざアイドル使わなくても良かったんじゃないかなぁ~…。

  • tom********

    1.0

    かまちの素晴らしさは伝わってきた

    随分前に姉とふたりで一緒に鑑賞し、 ティーン(?)俳優たちの大根ぶりにポカーンとなりながらも、 脇をかためるベテラン俳優陣の演技にささえられ、 最後まで観ることができた映画です。 当時は、姉と話し合いの結果、 「セリフは棒読みだったけど画面的には問題ないから、主人公に吹き替え(ボイスオーバー)を入れて、吹き替え版出せばいいと思う」 と冗談まじにりしゃべったものでした。 最近知ったんですが、 中国や香港の映画では自国作品でも吹替えすることが珍しくないそうで、 (厳密には国内の方言が外国語なみに落差があるせいらしい) この作品もその方法を導入すればよかったんじゃ・・・!?と思います。 主役の子は、「かまちに似ている」という理由で抜擢されたそうです。 しかし演技力が残念でした。。

  • mix********

    1.0

    想ってたのと違う

    かまちの一生を描いてる映画なのだと思って見たのですが… 全然違いました。 ガッカリです。 若手のみなさんの演技のヘタさにはビックリ。 この年齢でも演技のもっと上手な方って、もっともっといてはると思うのですが、、、何でこんな演技のヘタくそな方を起用されたのでしょうか。 男前っていうだけでチョイスされたんでしょうかね。 かまちの詩はアタシには難しすぎてあまり共感できるものはなかったですが、もぉちょっと上手に朗読して欲しかったですね。

  • muu********

    2.0

    ネタバレ激しく生きたかまち

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • htt********

    3.0

    ネタバレ17才のポケット

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
かまち

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル