レビュー一覧に戻る
殺人の追憶
2004年3月27日公開

殺人の追憶

MEMORIES OF MURDER

PG121302004年3月27日公開

oir********

1.0

焦点がぼやけるのがジュノ監督の特徴か?

何点かこの監督の作品を視聴し、主筋をはぐらかすようなおどけた演出が目に付き、明確なメインテーマが見えにくい作風という印象は抱いていた。 本作品もその例に洩れず、最初から主役の刑事がシリアスとかけ離れた砕け演技でこちらの緊張感がなかなか高まらないもどかしさを感じる。 同僚の暴力刑事に拷問される容疑者の知能障碍者の場面などもどことなくコミカルで、犯人捏造を非難するメッセージとは受け取れなかった。 ソウルから来た新任刑事が都会風手法で犯人をプロフィリングしていく様も、上の田舎刑事たちのアプローチと対比が際立つわけではなく何とも中途半端。 真犯人突き止めも結局のところ有耶無耶。とどのつまり「煮え切らない虚無感」が視聴者に残されるだけとなる。 それこそが監督の狙いということなら「ああ、そうですか・・」としか言いようがないが、個人的には時間の無駄でしかなかったのは悔やまれるところ。 マイナス一つ星

閲覧数2,200