ここから本文です

リアリズムの宿 (2003)

監督
山下敦弘
  • みたいムービー 95
  • みたログ 524

3.82 / 評価:131件

ほし みっつ!

 ムービークリニックにようこそ。では診断しよう(^^)

 漫画はよく読むが
 つげ氏の作品は、好みではない。

 ロードムービーの特徴はよく出ている
 
 人物像だとか性格だとか
 なぜそこにいるだとか
 なにしにきたのとか
 想像する展開は作品として特徴あるんだろうが
 あまり多いと
 見づらくて飽きがくる。

 ただ
 女子高生(劇中では21歳と偽っていた)の
 心情をかってに想像すると
 なんか切ない
 ような気がする。

 不思議な作品である。
 漫画のつげファンにはどう映るのであろう。そこが知りたい。 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ