レビュー一覧に戻る
ウォルター少年と、夏の休日
2004年7月10日公開

ウォルター少年と、夏の休日

SECONDHAND LIONS

1102004年7月10日公開

mil********

5.0

ネタバレ最後のたたみかけ

最後20分くらいはずっと泣ける。 偉大な老兄弟との惜別、勇敢な男として歩み出すウォルター、老兄弟の最後、シークの孫の登場もラストシーンまでたたみかけられました。ヘリコプターが出てきた時には、一瞬涙が途切れるかと思いましたが、素晴らしいラストシーンでした。 男の生き様、それを伝承して奮い立つ若者たち、そして人生の最後を自分らしく迎える羨ましくさえ思える死に様に終始(とくに男には)心を揺さぶられました。 人生の先輩と後輩が紡ぐ映画として、私としてはニューシネマパラダイスと並ぶ泣ける名作でした。 また音楽が映画のテイストにちょうど心地よい。 子どもにも見せたい映画の一本です。

閲覧数6,459