レビュー一覧に戻る
ウォルター少年と、夏の休日
2004年7月10日公開

ウォルター少年と、夏の休日

SECONDHAND LIONS

1102004年7月10日公開

買い気配

3.0

単細胞の女性メインに高評価されてる感じの作品

冒頭は、自分勝手な母親に振り回され、不幸な生い立ちのせいで、世の中に悲観した子供が、ひと夏ワイルドな爺さんズと過ごして変わるという感動作と思ったのに、いざ始まると、どうもバラバラまとまりがない 名優2人の演技は上手いし、テーマも面白そうなのに、監督の手腕というか、繋げ方と見せ方がどうもバラバラでまとまりなく、なかなかスッと心に入ってこない フォレスト・ガンプもやたら重揃いだの感動だのと絶賛する層いるけど、自分にはただの荒唐無稽なシーンの繋ぎ合わせと寄せ集めで、全然刺さらなかったが、この作品も似てる感じがする スタンドバイミーも、すごく感動いう人と、どこが面白いのか全然わからんいう人に分かれるし レビューいくつか見たが、絶賛コメントしてる人って、ポイントも口調も文章も「全員同じ人が書いてる?」と思えるほど似たものばかりw 特に大ヒットした有名作品じゃない分、こういうのが好きな人限定で見られているからこそ、変に高評価されてるだけで、より多くの人に見られたら、「どうもイマイチ(特に前半)と、評価もっと下がりそう

閲覧数1,636