ここから本文です

ポーラー・エクスプレス (2004)

THE POLAR EXPRESS

監督
ロバート・ゼメキス
  • みたいムービー 234
  • みたログ 1,964

3.64 / 評価:501件

北極行きの電車に乗った少年の冒険物語

  • m_sayura さん
  • 2010年1月19日 10時19分
  • 閲覧数 278
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公(ヒーロー・ボーイ)はサンタの存在を疑っている男の子。クリスマスの前の日、ボーイの家の前に、「ポーラー・エクスプレス」がやって来る。迷いながら乗り込んだ少年が北極へ向かう、壮大な冒険の物語。テーマは「信じること」。

家族でワクワクして観られるエンターテイメント作品です。落としたチケットを追い掛けたり、割れてゆく氷の湖を走り抜けたり、とにかく一瞬も眼が離せないストーリー展開。最後の30分ぐらいで北極の様子が描かれるのですが、プレゼントを包むエルフの様子を覗き見したり、プレゼントの山の中に落ちたり、サンタから鈴をもらったり(サンタを信じるものだけに聞こえる)ラストまで飽きさせない作品でした。ココアを配るミュージカル・シーンなどもリズミカルでキャッチーで楽しかったです。



パステル調の淡い色彩のアニメ(?)ですが、人物造詣は「モーション・キャプチャー」と言って、実際の人物の顔などを参考にしているだけあってリアル。主人公のちょっと内気な表情も細かく描かれていて感情移入しやすかったです(それに違和感を感じる人もいるそうですが)。


ロバート・ゼメキスと言えば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ですが、あの作品を始めてみた時の胸の高鳴りに負けない作品でした。ゼヒ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ