ここから本文です

永遠(とわ)の語らい (2003)

UM FILME FALADO/UN FILM PARLE/A TALKING PICTURE

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
  • みたいムービー 29
  • みたログ 101

3.78 / 評価:32件

インテリ御用達

  • e_s***** さん
  • 2015年12月4日 14時16分
  • 閲覧数 526
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

旅客船で、旅する親子…
お母さんは、歴史学者で博識、幼い娘にもわかるように、その港、港で下船した土地の説明をしていく…
パイロットのお父さんに、会いに行く旅らしい…
エリート家庭らしい、品のある親子…

久しぶりに風邪をひき、寝転びながら鑑賞してしまったが、これが大失敗。
体調が悪い時に、迂闊に手を出す作品ではなかった。
途中、カトリーヌ・ドヌーヴや、ジョン・マルコヴィッチら、4人が、各自、母国語で、長々と会話するシーンがある。
みんな、インテリと言うことで、各自、違う言葉で話していても、会話が成り立つという設定…
もう、ここで、頭がガンガンしてきて、止めようかと思ったが、DVD取り替える気力もなく、眺めることに終始していたら…



いきなり、爆弾テロ事件に発展し、あれよあれよと、とんでもない展開に、唖然呆然…

どんな映画も、なんだかんだで、凄いんだね~
なんて…

本作は、映画見る力がないと、やっぱりそこは難しいのかな…
私は、まだまだですね~
実感しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ