レビュー一覧に戻る
ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2
2004年5月22日公開

ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2

JEEPERS CREEPERS 2

1022004年5月22日公開

ZZZ

3.0

ネタバレホラーというよりも

「ジーパーズ・クリーパーズ」の続編。なぜか邦題はヒューマン・キャッチャー(原題はジーパーズ・クリーパーズ2)。 明確に言及はしていないものの、前作でえげつない殺され方をした少年(弟)が霊体(?)の様な状態で登場するので、それ以後。同じく、燃やさされた教会のニュースがラジオから流れているので、直後、乃至は一部平行した時系列になっているものと思われる。 とは言え、ストーリー的な連続性は殆どないので、こちらを先に観ても余り支障はないと思う。 23年周期の虐殺期間の最終日(23日目)を描いている。人間とのバトルはあるものの、大筋、前作の話の規模を大きくした様な感じ。 前作も同様だが、面白い事は面白いの、ただ、ホラーというよりは、特撮映画に登場する怪人。イメージ的にはエイリアンとかプレデターといった類に近い様に感じた。 加えて、物語の背景もどこか雑。 都市伝説上の怪物とかいう設定の割に誰も知らない。正体を知らないとかではなく、存在すらしらない。23年ごとの云々というくだりも知らない。都市伝説というのは基本「噂話」なのだから、誰も知らないのならば、都市伝説としては成立していない。 23年ごとに人間狩りをする理由も分からない。基本、欠損した箇所(手足など)を再生する場合に、人間の該当部分を食し復旧するのだが、必ずしもそういう訳ではない様に見える。 飢えている様にも見えない。ただただ人を襲う存在なのか。等々。 物語の根幹になるところが、はっきりせず、全体的に軽い。 結果、やはりホラー映画というより、怪獣映画を観ている様な感覚になってしまう。

閲覧数234