レビュー一覧に戻る
キッチン・ストーリー
2004年5月22日公開

キッチン・ストーリー

SALMER FRA KJOKKENET/KITCHEN STORIES

952004年5月22日公開

ham********

5.0

孤独?自由?だから?

老年の独身男性の台所行動パターン調査。 おっさんしか出てこない。 同じ部屋にいるのに会話が少ない。 微妙な隊列に微妙な構図に男の微妙な行動と二人の間にあるルール。 スクリーンがほとんど動かずにグレーかかった配色が、 独特のユーモアを生み出しているスウェーデン作品。 やもめの初老の男の家庭研究をするスウェーデンの監視員と それに選ばれたノルウェー男のゆった~~~~りとした話である。 毎日を何事も無事に終わらせたい… いろいろと考えて口にしても行動にしてもなんとなくうまくいかない。 マイナスへと引き込まれていく気持ち。 『あ~…確実に脳細胞が絶滅に近づいてるな』と思うこの頃。 そして残された細胞が今までにない行動に出はじめている自分にはもってこい。 精細な表情、仕草、態度、二人の静寂した空気が不思議と目が離せない。 ちょっとした高度な笑いの中に文化・国籍・言葉の違いがあるのだと見せており、 この二人がお互いを理解するまでの面白さを、楽しめ、 ちっちゃな幸せを生み出しほんわかと暖かいものに触れる感覚となる。 おっさん2人のぎこちないやりとりが何とも可愛らしい。 しかし、6週間も何も話さずキッチンに設置された監視台のイスの上から じ~~~~~~~~~~~と見られてたらストレス溜まるよね。 そこで考えた初老の行動がまた子供染みて素朴感いっぱいでキュート。 キッチンを通して一緒に過ごしたことで、 いつの間にか芽生えた友情と相手を思う気持ち。 バースデーケーキ・クリスマスの乾杯の約束に秘められた人間らしさが 恋人同士なら嫉妬も感じてしまうかも。 ホントの心の交流ができる人はいますか? オススメ度  90%  (100%tyu)

閲覧数571